城山

西南戦争薩軍本営跡

投稿日:2018年7月22日 更新日:

読了予測:6分

西南戦争薩軍本営跡

西南戦争薩軍本営跡

明治6年(1877年)の西南戦争で、西郷軍は敗戦と撤退を重ねました。

西南戦争薩軍本営跡は、最後の本営が置かれた場所です。

 

戦争は、いよいよ終局に向かっていったんだね。

 

 

西南戦争薩軍本営跡は、鹿児島市城山町にあります。

 

この記事では、同地の見どころや概要、逸話を紹介します。

 

 

 

 

西南戦争薩軍本営跡の見どころ・概要

出入口

出入口

出入口

本営跡に行くにはまず、城山展望台の出入口から入ります。

 

ほいほーい。

 

 

近年、クルーズ船の入港増加により、展望台駐車場は、観光バスが多く停まるようになりました。

 

そのため、出入口の交通量は比較的多めです。

 

ご注意ください。

 

 

通路

通路

通路

展望台に向かう通路途中に、階段があります。

こちらをお昇り下さい。

 

展望台の案内板はあるけど、本営跡のはないんだね~。

 

 

通路(城山ドン広場)

通路(城山ドン広場)

階段を昇ると、〈城山ドン広場〉があります。

ここではかつて、正午の時報を知らせる空砲が撃たれていました。

 

『ドン』は、空砲音の事かな?

面白い名前~。

 

 

通路

通路

広場奥に進むと、ちょっとした階段があります。

こちらを上に進んで下さい。

 

肥満体だから、少しの階段でも汗をかいちゃう(笑)

 

 

通路(コンクリート建造物)

通路(コンクリート建造物)

階段を昇って少し歩くと、通路左手にコンクリート建造物が見えてきます。

この建造物に向かって、歩いて下さい。

 

あれ?

フェンス近くに、何かある?

 

 

石碑

石碑

石碑

このコンクリート建造物の近くに、本営跡の石碑が建っています。

 

ここが本営跡か~!

 

 

明治6年(1877年)9月1日、西郷軍は鹿児島に帰ってきました。

 

この時の兵力は、約500人。

 

私学校を占領していた官軍200人を追い払った後、ここに本営を構えました。

 

 

関連記事

 

 

西南戦争薩軍本営跡の逸話

桐野利秋と貴島清

西南戦争官軍本営跡

西南戦争官軍本営跡

9月3日、戦局の転換を図るため、精鋭の抜刀隊による官軍本営急襲が決まります。

隊長は、自ら申し出た貴島清。

終始相容れない関係だった桐野利秋と別れの杯を交わし、ようやく2人は心から打ち解けました。

 

その後、貴島はどうなったの?

 

 

翌9月4日の午前3時頃、貴島清は、副隊長の増田宗太郎以下70名と、官軍本営を襲いました。

 

当初は塁壁を突破するも、やがて官軍の援軍が到着。

 

怒涛の銃撃に倒れ、貴島は死に場所を得ました。

 

 

 

 

西南戦争薩軍本営跡の基本情報

営業時間 自由
場所 鹿児島市城山町21-6
料金 無料
駐車場 無料
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で20分
まち巡りバス
城山から徒歩5分
カゴシマシティビュー
城山から徒歩5分

 

 

なお、西南戦争薩軍本営跡へのアクセスは、ナビタイムを使うと、スムーズです。

 

 

created by Rinker
NAVITIME
¥4,980 (2018/09/22 21:07:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
NAVITIME
¥3,500 (2018/09/22 21:07:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

西南戦争薩軍本営跡の地図

→Googleマップの大きな地図で見る

 

 

西南戦争薩軍本営跡の総評

城山は、島津家が戦になった時の本城として想定されていました。

そのため、西郷軍も城山に本営を置いたと考えられます。

 

なるほど~。

確かに市街地より山に籠もった方が、守りが堅いもんね。

 

 

また、周辺には、以下の観光スポットがあります。

 

 

こちらにも、ぜひどうぞ。

 

 

 

鹿児島行きのLCC航空券は、こちら。

 

≫ LCCの運賃をエアトリで比較する

 

 

-城山
-, ,

Copyright© 鹿児島市の旅行ならKAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.