五代友厚像

五代友厚像(鹿児島市)

五代友厚像(鹿児島市)

 

五代友厚って、何をした人なの?

 

大阪商法会議所を設立し、大阪経済の発展に貢献しました。

 

 

五代友厚像は、鹿児島市泉町にあります。

 

この記事では、五代の人生を簡単に紹介します。

 

 

五代友厚の人生

誕生・遊学

五代友厚誕生地

五代友厚誕生地

 

天保6年(1835年)、現在の長田町で五代は生まれました。

子供時代から頭が良く、28代・島津斉彬から〈才助〉の名を貰うほどでした。

 

頭の良かった斉彬から認められるなんて、相当だね~!

 

 

やがて成長した五代は、長崎海軍伝習所へ遊学。

 

航海、砲術、測量など、海軍に関する知識を学びました。

 

 

 

 

薩英戦争・捕虜

薩英戦争絵図

薩英戦争絵図

 

しかし文久3年(1863年)、生麦事件の賠償などを求め、イギリス艦隊が薩摩に来航します。

五代のいた汽船が拿捕されたのを機に、薩英戦争が始まりました。

 

ええ~っ!

五代は無事だったの?

 

 

五代は、図らずも捕虜になりました。

 

しかし上陸戦を考えていたキューパー提督に、薩摩隼人の勇ましさを説いて和解を進言。

 

上陸戦は回避され、後日、イギリスと薩摩藩は和解しました。

 

 

潜伏・渡欧

若き薩摩の群像

若き薩摩の群像

五代友厚銅像

五代友厚銅像

 

五代はイギリス艦隊から釈放後、薩摩藩からスパイ容疑を掛けられます。

しかし、長崎に潜伏中に

  • 蒸気機関
  • 紡績機械
  • 軍艦

などを購入するよう、藩当局に上申書を提出しました。

 

それだけ藩の将来を考えていたんだね。

 

 

藩当局は建言を受け入れ、五代を赦免。

 

慶応元年(1865年)、五代は若年の留学生達とヨーロッパに渡り、紡績機械を購入しました。

 

 

 

 

大阪商法会議所を設立

 

明治維新後は、実業界に転進。

  1. 大阪株式取引所
  2. 大阪商法会議所
  3. 大阪商業講習所

これら3つを設立し、幕末の混乱で疲弊した大阪経済の復活に尽くしました。

 

国や地方が豊かになるには、民間の力が欠かせないことに気付いたんだね。

 

 

死去

 

明治18年(1885年)、五代は東京で亡くなります。

享年49歳。

亡くなる5日前、本籍地を鹿児島から大阪に移しました。

 

身も心も、大阪に捧げたんだねえ。

 

 

五代友厚像(鹿児島市)のアクセス・駐車場・料金

営業時間自由
場所鹿児島市泉町5
料金無料
駐車場なし
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で10分
まち巡りバス
鹿児島ブランドショップ前から下車すぐ
カゴシマシティビュー
金生町から徒歩3分

 

 

五代友厚像(鹿児島市)の地図

→ Googleマップの大きな地図で見る

 

 

五代友厚像(鹿児島市)の総評

五代友厚像

五代友厚像

 

銅像が注目されるようになったのは、ここ最近です。

テレビドラマの影響力は、本当に凄いです。

 

五代の人生を知ると、今まで注目されなかったのが不思議だね。

 

 

なお銅像周辺には立体駐車場や公園があり、少しゴチャゴチャしています。

 

道路向かい側から撮影すると、比較的スッキリ写ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献はこちら

 

 

 

 

 

 

-天文館エリア
-キューパー, 五代友厚, 島津斉彬

© 2021 KAGOPIC Powered by AFFINGER5