観光スポット 鹿児島市西部の観光スポット

西郷吉兵衛の墓

投稿日:2018年2月15日 更新日:

読了予測:5分

西郷吉兵衛の墓

西郷吉兵衛の墓

西郷吉兵衛は、あの西郷隆盛の父親です。

 

ニャンと!

 

西郷吉兵衛の墓は、鹿児島市常盤2丁目の西郷家の墓にあります。

 

この記事では、西郷吉兵衛の人生を紹介します。

 

 

西郷吉兵衛の人生

誕生

吉兵衛は、

  • 西郷龍右衛門
  • 西郷常

の長男として、文化6年(1806年)に生まれました。

 

兄弟は、いニャかったのかニャ?

 

吉兵衛の弟に、西郷小兵衛がいました。

 

小兵衛は大山家の養子となり、大山綱昌と名乗ります。

 

その綱昌の子供が、陸軍大将の大山巌

 

つまり、西郷と大山は、従兄弟同士でした。

 

関連記事

 

家族

西郷隆盛誕生地

西郷隆盛誕生地

吉兵衛は、椎原権兵衛の娘・満佐と結婚し、7人の子宝に恵まれます。

 

頑張りすぎニャ!

 

家族は、最大11人。

 

しかし、家禄は47石(約282万円)。

 

そのため、日置島津家と赤山家の会計係や用頼を、副業的に務めました。

 

この縁で西郷は、幼い頃から桂久武と仲良くなり、また、赤山靭負を師匠や実の兄のように慕っていました。

 

 

お由羅騒動

お由羅屋敷

お由羅屋敷

ですが、その赤山靭負は、お由羅騒動により、嘉永3年(1850年)3月4日、切腹します。

 

ニャニーっ!

 

赤山靭負を介錯したのは、一般に吉兵衛と伝わっています。

 

しかし実際は、撃剣家の加藤新平が務めました。

 

吉兵衛は、赤山の遺体の後処理をし、血染めの肌着を西郷に渡しました。

 

関連記事

 

死去

嘉永5年(1852年)7月18日、父の西郷龍右衛門が亡くなって間もなく、吉兵衛は病に伏します。

そして同年9月27日、死去しました。

 

長生きして、息子達の活躍を見て欲しかったニャー。

 

さらに後を追うように、同年11月29日、妻の満佐も亡くなります。

 

嘉永5年(1852年)は、西郷家にとって悲しい年となりました。

 

 

西郷吉兵衛の墓の基本情報

【時】 自由
【所】 鹿児島市常盤2丁目2-14
【料】 無料
【駐】 なし
【交】 鹿児島中央駅から車で10分
鹿児島中央駅から徒歩20分
花岡通バス停から徒歩5分

 

西郷吉兵衛の墓の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

西郷吉兵衛の墓の総評

ちなみに西郷家の墓には、『西郷吉兵衛の墓』が、複数あります。

 

どういうことニャ?

 

西郷家では、吉兵衛の名が長い間受け継がれていました。

 

そのため、西郷吉兵衛と名乗った御先祖の墓が、複数あります。

 

ですが、西郷家の墓には、どのお墓が誰のものが、案内板がないのです。

 

じゃあ、西郷の父の吉兵衛と、そうじゃない人の吉兵衛の墓は、どうやって見分ければいいのにゃ?

 

吉兵衛の法号は、自覚院祖栄忠道居士。

墓の前面に『自覚院』と彫られているのが、吉兵衛のお墓です。

 

よーく探せば、1分以内に見つかるはず。

 

妻・満佐の墓の隣です。

 

また、周辺には

 

 

などの観光スポットがあります。

 

こちらにも、是非どうぞ。

 

 


 

follow us in feedly

 

歴史スポット記事の参考文献は、こちら。

 

関連記事

 

記事の内容、事実と少し違いますよ。

 

と、お気付きの方は、上記SNSのダイレクトメッセージ、もしくはお問い合わせページより(こっそり優しく)教えてくださいませ。

 

歴史スポットの場合、参考文献と掲載ページを御提示いただくと、大変助かります。

 

関連記事

-観光スポット, 鹿児島市西部の観光スポット
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© KAGOPIC 鹿児島市観光ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.