鹿児島市北部

島津斉彬の墓

投稿日:2018年7月18日 更新日:

島津斉彬の墓

島津斉彬の墓

島津斉彬さんって、薩摩のお殿様だった方ですよね?

 

はい。

幕末きっての名君で、集成館事業を立ち上げました。

 

 

島津斉彬の墓は、鹿児島市池之上町の福昌寺跡(島津家墓地)にあります。

 

この記事では、墓の見どころと概要のほか、斉彬の最期について紹介します。

 

 

 

 

\ さくらトラベルならLCC座席指定料0円 /

クレジットカードは必要ありません

 

 

島津斉彬の墓の見どころ・概要

位置

案内板

案内板

斉彬の墓は、福昌寺跡(島津家墓地)の左奥にあります。

 

案内板があると、分かりやすいですね。

 

 

案内板は、福昌寺跡(島津家墓地)の正門にあります。

 

最初にスマートフォンで撮影すると、画面で確認しながら斉彬の墓に行けますよ。

 

 

\ さくらトラベルならLCC座席指定料0円 /

クレジットカードは必要ありません

 

 

1基目

島津斉彬と英姫の墓

島津斉彬と英姫の墓

こちらの右手にあるのが、斉彬の墓です。

左手にあるのは、正室・英姫の墓です。

 

夫婦一緒にお墓に入ったのですね。

 

 

2基目

島津斉彬の墓

島津斉彬の墓

そして、斉彬の墓右奥に、もう1つの斉彬の墓があります。

 

なぜ、墓が2つもあるのですか?

 

 

それが、まったくの謎です。

 

案内板に〈28代島津斉彬〉と書かれているので、本人の墓であることは間違いありません。

 

 

石材

島津斉彬の墓

島津斉彬の墓

よく見ると、2つの墓石は黄色いですね。

 

これは〈山川石〉と呼ばれる石材です。

 

 

その名のとおり山川石は、指宿市山川地区で採れます。

 

柔らかく、加工しやすいのが特徴です。

 

 

 

 

島津斉彬の最期

大演習

島津斉彬公御陣屋跡

島津斉彬公御陣屋跡

安政5年(1858年)7月8日、斉彬は炎天下の中で大演習を行い、軍事調練・大砲試射に臨みました。

 

なぜ、炎天下で大演習を?

 

 

当時、開国方針を巡って、朝廷と幕府の関係は急速に悪化していました。

 

同時期、斉彬は率兵上京を計画しており、一説には幕府と対立する朝廷を守るためと考えられています。

 

炎天下の大演習は、これに急ぎ備えるために行われました。

 

 

 

 

死去と遺言

鶴丸城跡

鶴丸城跡

しかし大演習翌日の7月9日、腹痛を患います。

高熱と下痢で食事も喉を通らず、7月16日に鶴丸城で急死。

熱中症とも、食中毒とも言われています。

 

急だったのですね。

 

 

遺言により、異母弟・島津久光の長男である島津忠義が、藩主に就任。

 

遺言により、斉彬の遺骨は福昌寺に、遺髪は南林寺に納められました。

 

 

 

 

島津斉彬の墓の基本情報

営業時間 自由
場所 鹿児島市池之上町24
料金 無料
駐車場 駐車スペースあり
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で15分
まち巡りバス
南洲公園入口から徒歩10分
カゴシマシティビュー
今和泉島津家本邸跡前から徒歩10分

 

 

なお、島津斉彬の墓へのアクセスは、ナビアプリを使うとスムーズです。

 

 

created by Rinker
NAVITIME
¥4,980 (2018/11/15 00:36:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
NAVITIME
¥3,500 (2018/11/15 00:36:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

島津斉彬の墓の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

 

島津斉彬の墓の総評

ちなみに西郷隆盛は、斉彬の墓に何度もお参りしたんですよ。

 

2人は、厚い信頼関係で結ばれていたんですよね。

 

 

元治元年(1864年)、流島先の沖永良部島から戻った時も、西郷は斉彬の墓を訪れました。

 

この時、ひどく衰弱していたため足が立ちませんでしたが、それでも這いずって墓参りをしたんですよ。

 

 

また周辺には、以下の観光スポットがあります。

 

 

こちらにも、ぜひどうぞ。

 

 

 

\ さくらトラベルならLCC座席指定料0円 /

クレジットカードは必要ありません

 

 

人気記事 鹿児島市観光おすすめスポット

人気記事 西郷隆盛ゆかりの地

-鹿児島市北部
-, , , , , ,

Copyright© 鹿児島市の旅行ならKAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.