鹿児島中央駅エリア

樺山資紀邸跡

樺山資紀邸跡

樺山資紀邸跡

 

樺山資紀(すけなり)って、だーれ?

 

明治10年(1877年)の西南戦争で熊本城に籠城し、西郷軍と戦った軍人です。

 

 

樺山資紀邸跡は、鹿児島市中央町にあります。

 

この記事では、樺山資紀の人生を簡単に紹介します。

 

 

樺山資紀の人生

誕生・養子入り

橋口伝蔵の墓

橋口伝蔵の墓

 

天保8年(1837年)、樺山は、薩摩藩士・橋口与三次の三男として生まれました。

 

ふむふむ。

 

 

6つ上の次兄は、寺田屋騒動で闘死した橋口伝蔵>でした。

 

樺山は幼少時に、茶坊主として薩摩藩に出仕。

 

のちに、樺山四郎左衛門の養子となり、同家を継ぐことになりました。

 

 

関連記事

 

 

陸軍へ

御楼門

鶴丸城 御楼門

 

慶応4年(1868年)、戊辰戦争が始まると、樺山は伏見から東北まで転戦。

時代が明治になると、陸軍に入りました。

 

軍人になったのも、戊辰戦争を経験したからかもね。

 

 

明治5年(1872年)には、鶴丸城に置かれた鎮西鎮台第二分営長に就任します。

 

明治7年(1874年)には、台湾出兵に参戦。

 

現地で功績を挙げ、陸軍中佐に昇進しました。

 

 

 

 

 

西南戦争

熊本城

熊本城

 

明治9年(1876年)には、熊本鎮台参謀長に就任。

しかし翌年、西南戦争が始まり、樺山のいる熊本城は、西郷軍から攻撃を受けました。

 

それで、どうなったの?

 

 

樺山は、鎮台司令長官・谷干城を補佐し、熊本城を死守。

 

52日間の戦いを乗り切りました。

 

 

海軍へ転進

 

戦後は陸軍大佐・陸軍少将に昇進するも、のちに海軍に転進。

海軍大輔、海軍次官、海軍大臣、海軍大将を務めました。

 

陸軍と海軍はまったく違うのに、トップまで務めたんだ~。

 

 

西郷隆盛像建設委員長・死去

 

明治22年(1889年)になると、西南戦争で対峙した西郷隆盛の名誉が回復されます。

のちに上野の銅像計画が立案され、樺山は建設委員長に就きました。

 

敵将の銅像計画を推進したんだ!

 

 

樺山など政府要人は、西南戦争は西郷の本意でなかったと、充分認識していました。

 

銅像は、明治31年(1898年)に完成。

 

そして大正11年(1922年)、樺山は86才で亡くなりました。

 

 

樺山資紀邸のアクセス・駐車場・料金

営業時間自由
場所鹿児島市中央町4-33
料金無料
駐車場なし
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で1分
鹿児島中央駅から徒歩5分
まち巡りバス
鹿児島中央駅から徒歩5分
カゴシマシティビュー
鹿児島中央駅から徒歩5分

 

 

樺山資紀邸の地図

→ Googleマップの大きな地図で見る

 

 

樺山資紀邸跡の総評

樺山資紀邸跡

樺山資紀邸跡

 

現地に解説板はありません。

かつての顕彰板と思われるものもありますが、現在は失われています

 

せめて解説板は欲しいね~。

 

 

楽天トラベルをチェック

 

 

 

 

参考文献はこちら

 

 

 

 

 

 

-鹿児島中央駅エリア
-樺山四郎左衛門, 樺山資紀, 橋口与三次, 橋口伝蔵, 西郷隆盛, 谷干城

© 2021 KAGOPIC Powered by AFFINGER5