西郷糸ゆかりの地

更新日:

西郷糸ゆかりの地

西郷糸ゆかりの地

西郷糸って、だーれ?

 

薩摩藩の家老座書役・岩山八郎太の娘で、西郷隆盛の正妻です。

西郷との間に、3人の男子をもうけました。

 

 

西郷糸ゆかりの地は、鹿児島市内に7ヶ所あります。

 

当記事では、特に関係の深い3ヶ所を紹介します。

 

 

西郷糸ゆかりの地

西郷南洲宅地跡

西郷南洲翁宅地跡

西郷南洲翁宅地跡

慶応元年(1865年)、西郷と結婚し、上之園の屋敷で暮らします。

 

ふむふむ。

 

 

同年、坂本龍馬が屋敷に滞在し、糸は世話をして対応。

 

そして翌年、西郷との間に男子の寅太郎が生まれました。

 

 

関連記事をチェック

 

 

営業時間 自由
場所 鹿児島市上之園町10-13
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で3分
鹿児島中央駅から徒歩5分
まち巡りバス
維新ふるさと館前から徒歩5分
カゴシマシティビュー
維新ふるさと館前から徒歩3分

 

 

楽天トラベルをチェック

 

 

西郷武屋敷跡

西郷武屋敷跡

西郷武屋敷跡

明治2年(1869年)になると、武屋敷に引っ越します。

そして、午次郎酉三を、それぞれ出産しました。

 

子宝に恵まれて、良かったね!

 

 

また、西郷と島妻・愛加那の子供である菊次郎菊草を、引き取って養育。

 

自分の子供達と、分け隔てなく育てました。

 

 

関連記事をチェック

 

 

営業時間 自由
場所 鹿児島市武2丁目28-7
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で3分
鹿児島中央駅から徒歩5分
まち巡りバス
鹿児島中央駅から徒歩10分
カゴシマシティビュー
鹿児島中央駅から徒歩10分

 

 

楽天トラベルをチェック

 

 

西郷南洲野屋敷跡

西郷南洲野屋敷跡

西郷南洲野屋敷跡

しかし、明治10年(1877年)に西南戦争が勃発。

糸は西郷の出立を見送り、一家は西別府の屋敷に避難しました。

 

大変だったろうね。

 

 

そして、戦争が終結した翌日、西別府の屋敷で、は夫の最期を知りました。

 

また、武屋敷は政府軍に焼かれたため、しばらくここで暮らしました。

 

 

関連記事をチェック

 

 

営業時間 自由
場所 鹿児島市西別府町2790
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で35分
鹿児島中央駅から車で15分
鹿実前バス停から徒歩5分

 

 

楽天トラベルをチェック

 

 

西郷糸ゆかりの地の地図

→ Googleマップの大きな地図で見る

 

 

西郷糸ゆかりの地の総評

その後、武屋敷は、義弟の従道によって再建されます。

その後、は上京。

寅太郎や、午次郎と暮らしました。

 

晩年は、子供達と過ごしたんだね。

 

 

なお、紹介したスポットの解説板は、西郷がメインです。

 

糸に関する記述は少ないので、以下の本で予習すると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

-歴史上の人物・出来事
-, , , , , , , , , ,

Copyright© KAGOPIC , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.