鹿児島港

新波止砲台跡

投稿日:2018年7月17日 更新日:

読了予測:4分

新波止砲台跡

新波止砲台跡

ここにかつて、砲台があったの?

 

はい。

薩英戦争では、イギリスの旗艦・ユーリアラス号に、直撃弾を浴びせました。

 

 

新波止砲台跡は、鹿児島市本港新町にあります。

 

この記事では、砲台跡の歴史を紹介します。

 

 

 

 

新波止砲台跡の歴史

砲台設置

元来、ここは石垣の波止場でした。

しかし、安政元(1854年)、藩主・島津斉彬が砲台に改築します。

この頃、海外の脅威が高まっており、海防のために設けました。

 

なるほどね~。

 

 

この砲台から約870m離れた海上に、標的が置いてありました。

 

普段の訓練では、この標的に目掛けて、砲弾を発射していました。

 

 

薩英戦争

文久3年(1863年)7月、薩摩藩とイギリスの間で、薩英戦争が勃発します。

薩摩側は、150ポンド砲を含む11門の大砲で、イギリス艦隊に応戦しました。

 

斉彬の懸念が、的中したんだね。

 

 

50ポンド砲

150ポンド砲(現在は仙巌園で公開されてません)

戦闘中、旗艦・ユーリアラス号が、訓練用の標的内に進入しました。

薩摩側は、数発の直撃弾を浴びせ、艦長・副長を戦死させました。

 

なんと!

運が良かったね。

 

 

イギリス側の記録から、150ポンド砲の砲弾が当たったと考えられます。

 

ただし、残りの艦隊から砲撃を受け、大砲は全て破壊されました。

 

 

新波止砲台跡の基本情報

営業時間 自由
場所 鹿児島市本港新町3
料金 無料
駐車場 鹿児島県営第2駐車場
1時間無料 以降1時間200円~
アクセス 鹿児島空港から車で45分
鹿児島中央駅から車で10分
まち巡りバス
かごしま水族館・桜島桟橋から徒歩3分
カゴシマシティビュー
かごしま水族館から徒歩3分

 

 

なお、新波止砲台跡へのアクセスは、ナビアプリを使うと、スムーズです。

 

 

created by Rinker
NAVITIME
¥4,980 (2018/09/22 21:07:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
NAVITIME
¥3,500 (2018/09/22 21:07:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

新波止砲台跡の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

 

新波止砲台跡の総評

鹿児島港旧石積防波堤

鹿児島港旧石積防波堤

ちなみに、砲台跡付近に、鹿児島港旧石積防波堤があります。

一見、こちらも砲台跡に見えますが、明治38年(1905年)に竣工されたものです。

 

でも、砲台跡の石垣とマッチしていて、いい雰囲気だね~。

 

 

また、周辺には、以下の観光スポットがあります。

 

  1. 前島密と薩摩との交流跡
  2. ドルフィンポート
  3. かごしま水族館
  4. 五代友厚像

 

こちらにも、ぜひどうぞ。

 

 

 

鹿児島行きのLCC航空券は、こちら。

 

≫ LCCの運賃をエアトリで比較する

 

 

-鹿児島港
-

Copyright© 鹿児島市の旅行ならKAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.