観光スポット 鹿児島市北部の観光スポット

高崎正風翁の碑

投稿日:2018年7月3日 更新日:

読了予測:5分

高崎正風翁の碑

高崎正風翁の碑

高崎正風って、何をした人なの?

 

八月十八日の政変を主導し、長州勢力を京から追放しました。

また、沖永良部島に流されていた、西郷隆盛の赦免に尽力しました。

 

高崎正風翁の碑は、鹿児島市長田町にあります。

 

この記事では、高崎の人生を紹介します。

 

高崎正風の人生

誕生・お由羅騒動

お由羅の墓

お由羅の墓

天保7年(1836年)、高崎は父・温恭(やすはる)の長男として、現在の長田町で生まれました。

 

だから、長田町に碑があるんだね。

 

しかし、嘉永2年(1849年)のお由羅騒動で、父が切腹します。

 

連座により、高崎は奄美に流島。

 

赦免されたのは、嘉永5年(1852年)でした。

 

 

八月十八日の政変

文久3年(1863年)、在京藩士となっていた高崎は、朝廷を牛耳ってい長州勢力の追放を主導しました。

これを、〈八月十八日の政変〉と言います。

 

長州一藩が朝廷を牛耳っていたら、薩摩藩や幕府は面白くないよね。

もちろん、天皇も。

 

八月十八日の政変は、高崎など在京藩士による独自の判断に基づくもので、国許や大坂藩邸に秘匿のまま進められました。

 

この功績にで高崎は、朝廷・幕府・薩摩藩に至るまで、多大な褒章を下賜されました。

 

西郷赦免運動

しかし、長州勢力を京から追放しても、薩摩藩は中央政治に大きな影響力を持つまでに至りませんでした。

そのため、カリスマ性のある西郷を、流罪地の沖永良部島から呼び戻す声が在京藩士から上がり始めました。

 

ふむふむ。

 

島津久光の側近でもあった高崎は、西郷召還を直接申し入れました。

 

流島を命じた張本人の久光は、金のキセルを噛んで激怒。

 

しかし、最終的に折れ、西郷召還が実現しました。

 

罷免・左遷

有村溶岩展望所(桜島)

有村溶岩展望所(桜島)

西郷召還から3年後の慶応3年(1866年)、薩摩藩の方針が武力倒幕に決まります。

しかし、高崎は反対派に属しました。

そのため、武力討幕を訴える西郷と対立しました。

 

せっかく西郷を呼び戻したのに、その本人と対立しちゃったのか~......。

 

慶応4年(1868年)に始まった戊辰戦争で、高崎は下参謀として旧幕府軍を攻めます。

 

しかし、わずか2日で罷免。

 

西郷により京から薩摩藩に戻され、桜島・牛根・高隈・百引の地頭に左遷されました。

 

宮廷歌人・死去

維新後は宮中に入り、御歌掛・御歌所長となります。

これにより、高崎は明治天皇の和歌を指導する立場となりました。

 

え~っ、凄い!

 

そして明治45年(1912年)、高崎は75歳で逝去しました。

 

お墓は、東京の青山霊園にあります。

 

高崎正風翁の碑の基本情報

【時】 自由
【所】 鹿児島市長田町15
【料】 無料
【駐】 なし
【交】    鹿児島中央駅から車で10分
まち巡りバス 薩摩義士碑から徒歩10分
カゴシマシティビュー 薩摩義士碑から徒歩10分

 

高崎正風翁の碑の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

高崎正風翁の碑の総評

高崎は、一般的にあまり知られていない人物です。

しかし、確実に歴史を動かした事も事実。

碑を訪れて、苦難の少年時代を回想するのもいいでしょう。

 

高崎は、波乱万丈の人生を送ったんだね~。

 

また、周辺には

 

 

などの観光スポットがあります。

 

こちらにも、是非どうぞ。

 

 


 

follow us in feedly

 

歴史スポット記事の参考文献は、こちら。

 

関連記事

 

記事の内容、事実と少し違いますよ。

 

と、お気付きの方は、上記SNSのダイレクトメッセージ、もしくはお問い合わせページより(こっそり優しく)教えてくださいませ。

 

歴史スポットの場合、参考文献と掲載ページを御提示いただくと、大変助かります。

 

関連記事

-観光スポット, 鹿児島市北部の観光スポット
-, , ,

Copyright© KAGOPIC 鹿児島市観光ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.