管理者

鹿児島市在住。カメラ・写真・歴史・旅行が好き。

前田正名ゆかりの地(八木称平屋敷跡)

前田正名ゆかりの地(八木称平屋敷跡)   前田正名って、だーれ?   明治時代の地方産業振興に、生涯の大半を捧げた人物です。     前田正名ゆかりの地(八木称平屋敷跡)は、鹿児島市小川町にあります。   この記事では、正名の人生を簡単に紹介します。     前田正名の人生 誕生・少年時代 開成所跡   嘉永3年(1850年)、正名は薩摩藩の漢方医、善安の末子として生まれました。   ふむふむ。   &nb ...

千貫平自然公園

千貫平自然公園   千貫平自然公園って、どこにあるの?   鹿児島市内で一番南の町、喜入(きいれ)にあります。 とても展望の良いスポットですよ。     千貫平自然公園は、鹿児島市の喜入生見町(きいれいぬくみちょう)にあります。   この記事では、公園の概要を紹介します。     千貫平自然公園の概要 出入口 出入口   千貫平自然公園は、県道17号線に接しています。 出入口に駐車場や看板があるので、見落とすことはないでしょう ...

西郷糸ゆかりの地

西郷糸ゆかりの地   西郷糸って、だーれ?   薩摩藩の家老座書役・岩山八郎太の娘で、西郷隆盛の正妻です。 西郷との間に、3人の男子をもうけました。     西郷糸ゆかりの地は、鹿児島市内に7ヶ所あります。   この記事では、特に関係の深い3ヶ所を紹介します。     西郷糸ゆかりの地 西郷南洲宅地跡 西郷南洲翁宅地跡   慶応元年(1865年)、糸は西郷と結婚し、上之園の屋敷で暮らします。   ふむふむ。 &nbs ...

永田熊吉ゆかりの地

永田熊吉ゆかりの地   永田熊吉って、だーれ?   西郷家の使用人で、生涯に渡って一家を支え続けた人物です。     永田熊吉ゆかりの地は、鹿児島市内に約10ヶ所あります。   この記事では、特に関係の深い5ヶ所を紹介します。     永田熊吉ゆかりの地 西郷隆盛・従道誕生地 西郷隆盛誕生地 西郷従道誕生地   いつから熊吉が西郷家の使用人となったのかは、不明です。 しかし、西郷隆盛を幼少時から世話していたことは確かで、時には ...

別府晋介の墓

別府晋介の墓   別府晋介って、西郷さんを介錯した人だよね。   ですです。 介錯で歴史に名を残したと言っても、過言ではありません。     別府晋介の墓は、鹿児島市上竜尾町の南洲墓地にあります。   この記事では、別府晋介の最期を紹介します。     別府晋介の最期 遺書 西郷隆盛洞窟   明治10年(1877年)9月23日、別府は、城山の洞窟で遺書を書き、両親に50円ずつ送りました。 翌朝の総攻撃を、政府軍が予告したためで ...

辺見十郎太の墓

辺見十郎太の墓   辺見十郎太って、だーれ?   明治10年(1877年)の西南戦争で、西郷軍三番大隊の一番小隊長を務めた人物です。     辺見十郎太の墓は、鹿児島市上竜尾町の南洲墓地にあります。   この記事では、辺見十郎太と西南戦争の関わりを紹介します。     辺見十郎太と西南戦争 西郷への一報・軍編成 陸軍火薬庫跡   明治10年(1877年)、西郷隆盛が設立した私学校の生徒が暴発。 草牟田の陸軍火薬庫から、武器・弾 ...

村田新八の墓

村田新八の墓   村田新八の墓の書体は、堂々として立派だね~。   西郷家の居候だった、書家の川口雪篷が書いたんですよ。     村田新八の墓は、鹿児島市上竜尾町の南洲墓地にあります。   この記事では、村田新八の最期を紹介します。     村田新八の最期 アコーディオン演奏の真偽 西郷隆盛洞窟   明治10年(1877年)9月19日~24日の西南戦争末期、新八は、城山の洞窟で起居し、政府軍と戦いました。   ふむふ ...

桐野利秋の墓

桐野利秋の墓   桐野利秋って、西南戦争で亡くなったんだよね。   ですです。 明治10年(1877年)9月24日に戦死しました。     桐野利秋の墓は、鹿児島市上竜尾町の南洲墓地にあります。   この記事では、桐野利秋の最期を紹介します。     桐野利秋の最期 総攻撃前夜 西郷隆盛洞窟   明治10年(1877年)9月23日の夜、西郷軍による別れの宴が、城山の洞窟で催されました。 翌朝の総攻撃を、政府軍が予告したためです ...

西郷隆盛の墓

西郷隆盛の墓   西郷さんのお墓って、とても立派だよね。   人気も抜群です。 沢山の方が訪れるスポットですよ。     西郷隆盛の墓は、鹿児島市上竜尾町の南洲墓地にあります。   この記事では、西郷隆盛の墓および南洲墓地が整備された経緯を紹介します。     西郷隆盛の墓(南洲墓地)が整備された経緯 西郷の死 西郷隆盛終焉の地   明治10年(1877年)9月24日、西南戦争を起こした西郷は、別府晋介によって介錯され、49才 ...

河野主一郎誕生地

河野主一郎誕生地   河野主一郎って、だーれ?   西郷隆盛の墓がある、南洲墓地を整備した人物です。     河野主一郎誕生地は、鹿児島市高麗町にあります。   この記事では、河野と西南戦争の関わりを紹介します。     河野主一郎と西南戦争 密偵捕縛 陸軍火薬庫跡   明治10年(1877年)、西郷が創設した私学校の生徒が暴発し、草牟田の陸軍火薬庫を襲撃しました。   ふむふむ。     一報を ...

永山弥一郎の墓

永山弥一郎の墓   永山弥一郎って、だーれ?   明治10年(1877年)の西南戦争で、西郷軍の三番大隊長を務めた人物です。     永山弥一郎の墓は、鹿児島市上竜尾町の南洲墓地にあります。   この記事では、永山の人生を簡単に紹介します。     永山弥一郎の人生 誕生・精忠組参加 大久保利通肖像写真   天保9年(1838年)、永山は、薩摩藩士・休悦の長男として生まれました。   ふむふむ。   &nb ...

常安墓地

常安墓地   常安墓地には、誰のお墓があるの?   薩摩藩最後の藩主・島津忠義や、その家族のお墓です。 また、忠義以降の島津家当主も、常安墓地で眠っています。     常安墓地は、鹿児島市上竜尾町にあります。   この記事では、常安墓地の概要を紹介します。     常安墓地の概要 出入口 出入口   常安墓地には、一般市道から入ります。 〈かんまちカフェHaruya〉の看板から、奥へ入って下さい。   案内板は、ない ...

西郷松子と西郷幸吉の墓

西郷松子と幸吉の墓

西郷松子と幸吉の墓   西郷松子と幸吉って、だーれ?   2人は、親子でした。 松子は、西郷隆盛の末弟・小兵衛に嫁ぎ、幸吉は長男として生まれました     西郷松子と幸吉の墓は、鹿児島市常盤1丁目の西郷家の墓にあります。   この記事では、2人の人生を簡単に紹介します。     西郷松子と幸吉の人生 松子誕生 大山巌肖像写真   安政4年(1957年)、松子は、大山巌の姉・国子の次女として生まれました。   というこ ...

樺山資紀邸跡

樺山資紀邸跡   樺山資紀(すけなり)って、だーれ?   明治10年(1877年)の西南戦争で熊本城に籠城し、西郷軍と戦った軍人です。     樺山資紀邸跡は、鹿児島市中央町にあります。   この記事では、樺山資紀の人生を簡単に紹介します。     樺山資紀の人生 誕生・養子入り 橋口伝蔵の墓   天保8年(1837年)、樺山は、薩摩藩士・橋口与三次の三男として生まれました。   ふむふむ。   &nbsp ...

篠原国幹ゆかりの地

篠原国幹ゆかりの地   篠原国幹(くにもと)って、どういう人だったの?   西郷隆盛が創設した私学校で、幹部を務めた人物でした。     篠原国幹ゆかりの地は、鹿児島市内に5ヶ所あります。   この記事では、そのすべてを紹介します。     篠原国幹ゆかりの地 篠原国幹誕生地 篠原国幹誕生地   天保8年(1837年)、篠原は加治屋町で生まれました。 加治屋町には、西郷や大久保利通、東郷平八郎が住んでいました。   ...

© 2021 KAGOPIC Powered by AFFINGER5