「 寺島宗則 」 一覧

鶴丸城跡

鶴丸城跡 鶴丸城跡って、島津のお殿様が住んでいたの?   はい。 江戸時代初期より、居城として使われていました。     鶴丸城跡は、鹿児島市城山町にあります。 &nbs ...

寺島宗則ゆかりの地

寺島宗則ゆかりの地 寺島宗則って、だーれ?   28代・島津斉彬が興した、集成館事業に関わった人物です。 明治時代には、外務卿を務めました。     寺島宗則ゆかりの地は ...

反射炉跡

反射炉跡

反射炉跡 反射炉って、なーに?   鉄を溶かして鋳型に流し込み、大砲の砲身を造った金属融解炉のことです。 28代・島津斉彬が興した、集成館事業の一環として建てられました。   &n ...

鶴灯籠

鶴灯籠

鶴灯籠 変わった形の灯籠ニャ。   笠石の形から、鶴灯籠と呼ばれています。     鶴灯籠は、鹿児島市吉野町の仙巌園にあります。   この記事では、鶴灯籠の歴史 ...

探勝園

探勝園 探勝園って、どういうスポットなの?   江戸時代に、同名の庭園がありました。 今は公園として整備され、島津久光の銅像などがあります。     探勝園は、鹿児島市照 ...

若き薩摩の群像

若き薩摩の群像 若き薩摩の群像の人達って、何をしたの?   慶応元年(1865年)、イギリスに渡り、留学生として勉学に励みました。 また、群像の中には、一緒に渡英した経済・外交使節も含まれて ...

寺島宗則銅像

寺島宗則銅像 寺島宗則さんって、何をされた方なのですか?   色々です! 28代・島津斉彬が興した集成館事業に参加し、薩摩藩の対英外交を担い、日本に電信を開通させました。   &n ...

水上坂

水上坂 水上坂(みっかんざか)は、鹿児島から京・江戸方面に向かうルート上にあり、旅の最初の難所でした。 薩摩藩主は、この水上坂を通って参勤交代に向かったんですよ。   変わった名前だね~。 ...

no image

大久保利通(佐々木克 監修・講談社)レビュー

  報知新聞の記者・松原致遠が、大久保利通ゆかりの人物・23名にインタビューし、それらを1冊にまとめたのが、『大久保利通(佐々木克 監修・講談社)』です。   初版は、明治45年( ...

Copyright© 鹿児島市の旅行ならKAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.