島津忠義

2020/6/1

薩英戦争ゆかりの地(鹿児島市)

薩英戦争ゆかりの地(鹿児島市)   薩英戦争で、薩摩藩はイギリスと戦ったんだよね。   はい。 文久2年(1862年)、生麦事件でイギリス人1人が殺されました。 来航したイギリス艦隊は、賠償などを要求。 しかし、薩摩藩は拒否します。 その結果、戦争に発展しました。     薩英戦争ゆかりの地は、鹿児島市内に約15ヶ所あります。   この記事では、特に関係の深い8ヶ所を紹介します。     薩英戦争ゆかりの地(鹿児島市) 鶴丸城 鶴丸城 ...

2020/6/1

吉井友実誕生地

吉井友実誕生地   吉井友実って、だ~れ?   西郷隆盛や大久保利通の盟友です。 2人ほどの知名度はありませんが、幕末の薩摩藩や明治政府を支えました。     吉井友実誕生地は、鹿児島市加治屋町にあります。   この記事では、吉井の人生を簡単に紹介します。     吉井友実の人生 誕生 吉井友実肖像写真   文政11年(1828年)、吉井は薩摩藩の下級藩士、吉井友昌の長男として生まれました。   ふむふむ。 &nbs ...

2020/6/1

小松帯刀像(鹿児島市)

小松帯刀像(鹿児島市)   小松帯刀って、だーれ?   薩長同盟や大政奉還を実現させた、歴史的人物です。 幕末での功績は、西郷隆盛や大久保利通以上といっても差し支えありません。     小松帯刀像は、鹿児島市山下町にあります。   この記事では、小松の人生を簡単に紹介します。     小松帯刀の人生 誕生・婿入り 小松帯刀屋敷跡   天保6年(1835年)、喜入領主・肝付兼善の三男として、尚五郎は生まれました。   ...

2020/6/1

西郷吉二郎の墓

西郷吉二郎の墓   西郷吉二郎って、たしか西郷隆盛の弟だった人物だよね。   ですです~。 生涯に渡り、西郷家を支え続けました。     西郷吉二郎の墓は、鹿児島市常盤2丁目の西郷家の墓にあります。   この記事では、吉二郎の人生を簡単に紹介します。     西郷吉二郎の人生 誕生 西郷隆盛誕生地   天保3年(1833年)、吉二郎は鹿児島城下の加治屋町で生まれました。 父は吉兵衛で、母は満佐。 長男の隆盛より6才下で、三男の ...

2020/6/1

島津忠義ゆかりの地(鹿児島市)

島津忠義ゆかりの地(鹿児島市)   島津忠義って、何をした人物なの?   忠義は薩摩藩最後の藩主で、実質的な権力者であった父・島津久光を、影ながら支えました。     島津忠義ゆかりの地は、鹿児島市内に約15ヶ所あります。   この記事では、特に関係の深い8ヶ所を紹介します。     島津忠義ゆかりの地(鹿児島市) 鶴丸城 鶴丸城 御楼門   安政5年(1858年)、28代・島津斉彬の遺言により、忠義は藩主に就任します。 鶴丸 ...

2020/6/1

島津久光ゆかりの地(鹿児島市)

島津久光ゆかりの地(鹿児島市)   島津久光って、どんな人だったの?   29代・島津忠義の父親で、国父として薩摩藩の実権を握りました。 また、率兵上京や倒幕を決断し、時代を大きく動かしました。     島津久光ゆかりの地は、鹿児島市内に約15ヶ所あります。   この記事では、久光と特に関係の深い8ヶ所を紹介します。     島津久光ゆかりの地(鹿児島市) 鶴丸城 鶴丸城 御楼門   まず、紹介するのは鶴丸城。 文化14年(1 ...

2020/6/1

小松帯刀ゆかりの地(鹿児島市)

小松帯刀ゆかりの地(鹿児島市)   小松帯刀さんって、どのような方だったのですか?   当初の名を、肝付尚五郎と言いました。 のちに、薩摩藩家老まで出世します。 また 西郷隆盛 大久保利通 の、上司でもありました。 2人の活躍は、小松がいればこそだったんですよ。     小松帯刀ゆかりの地は、鹿児島市内に約15ヶ所あります。   この記事では、特に関係の深い10ヶ所を紹介します。     小松帯刀ゆかりの地(鹿児島市) 小松帯刀屋敷跡 ...

2020/6/1

照国神社

照国神社   照国神社って、誰を祀っているの?   幕末の名君として誉れ高い、島津斉彬です。 島津久光、忠義親子によって、創建されました。 社名は、斉彬の神号・照国大明神に由来します。     照国神社は、鹿児島市照国町にあります。   この記事では、照国神社の概要を紹介します。     照国神社の概要 大鳥居 大鳥居   照国神社に向かうと、まず白色の大鳥居が目に飛び込んできます。   大きいね~。   ...

2020/6/1

探勝園(鹿児島市)

探勝園(鹿児島市)   探勝園って、どういうスポットなの?   江戸時代に、同名の庭園がありました。 今は公園として整備され、島津久光・忠義親子の銅像が建っています。     探勝園は、鹿児島市照国町にあります。   この記事では、園内の概要を紹介します。     探勝園(鹿児島市)の概要 出入口 出入口   探勝園には、ここから入ります。 公園なので、出入りは自由です。   樹木が多いね~。   &nbs ...

2020/7/2

鶴丸城(鹿児島城)

鶴丸城 御楼門   鶴丸城って、なーに?   島津のお殿様が住んでいた、平城です。 江戸時代初期に建造されました。     鶴丸城(鹿児島城)は、鹿児島市城山町にあります。   この記事では、城の概要と歴史を紹介します。     鶴丸城(鹿児島城)の概要 石垣 石垣   まずは、本丸の城壁を紹介します。 慶長7年(1602年)に築城された当時の姿が、今も残っています。   400年以上前から変わらないんだね~。 &n ...

2020/6/1

尚古集成館

尚古集成館   尚古集成館って、なーに?   もともとは、慶応元年(1865年)に建立された機械工場でした。 現在は、島津家の歴史や文化、集成館事業を語り継ぐ博物館として、活用されています。     尚古集成館は、鹿児島市吉野町にあります。   館内撮影禁止のため、この記事では外観と歴史を紹介します。     尚古集成館の外観 玄関 玄関   まずは、尚古集成館の玄関から紹介します。 建造当初はなく、大正9年(1920年)の改 ...

仙巌園

2020/6/1

仙巌園

仙巌園   わ~、キレイ!   ここは仙巌園と言って、鹿児島市で最も人気のある観光スポットです。     仙巌園は、鹿児島市吉野町にあります。   この記事では、仙巌園の概要を紹介します。     仙巌園の概要 出入口 出入口   いよいよ仙巌園だ~、ワクワク。   入場料は 大人・高校生以上1,000円 小中学生500円 です。     反射炉跡(世界遺産) 反射炉跡   これは、なー ...

2020/6/1

鹿児島紡績所跡

鹿児島紡績所跡   鹿児島紡績所跡って?   かつてここに、日本初の近代的な紡績工場がありました。 イギリスの技師や機械を呼び寄せた、本格的なものでした。     鹿児島紡績所跡は、鹿児島市吉野町にあります。   この記事では、紡績所跡の歴史を紹介します。     鹿児島紡績所跡の歴史 構想 五代友厚肖像写真   元治元年(1864年)、薩摩藩士の五代友厚は、以下の上申書を藩当局に提出しました。 「上海で米や国産品を売却し、そ ...

2020/6/1

島津斉彬の墓

島津斉彬の墓   島津斉彬さんって、薩摩のお殿様だった方ですよね?   はい。 幕末きっての名君で、集成館事業を立ち上げました。     島津斉彬の墓は、鹿児島市池之上町の島津家の墓(福昌寺跡)にあります。   この記事では、島津斉彬の墓の概要や、斉彬の最期を紹介します。     島津斉彬の墓の概要 位置 案内板   斉彬の墓は、島津家の墓(福昌寺跡)の左奥にあります。   案内板があると、分かりやすいですね。 &n ...

2020/6/1

島津斉興の墓

島津斉興の墓   島津斉興って、だーれ?   あの幕末の名君、島津斉彬の父親です。     島津斉興の墓は、鹿児島市池之上町の島津家の墓(福昌寺跡)にあります。   この記事では、斉興の人生を簡単に紹介します。     島津斉興の人生 誕生 島津斉宣肖像画   寛政3年(1791年)、斉興は26代・島津斉宣の長男として、江戸で生まれました。   江戸時代の大名妻子は、人質として江戸に住んだよね。   &nb ...

© 2020 KAGOPIC Powered by AFFINGER5