鹿児島市の観光スポット 鹿児島市西部の観光スポット

大久保満寿子誕生地

投稿日:2018年3月31日 更新日:

読了予測:5分

大久保満寿子誕生地

大久保満寿子誕生地

大久保満寿子って初めて聞く名前だけど、どういう人だったの?

 

あの維新三傑の1人、大久保利通に嫁いだ女性です。

 

大久保満寿子誕生地は、鹿児島市の常盤町1丁目にあります。

 

この記事では、誕生地の概要と満寿子の人生を紹介します。

 

デトランスαワキ用

大久保満寿子誕生地の概要

出入口

大久保満寿子誕生地の出入口

出入口

大久保満寿子誕生地の出入口

出入口

誕生地に行くには、まず、鹿児島市常盤1丁目24番地を目指す必要があります。

番地の札がブロック塀に掲げてあるので、ここから細い路地に入っていきましょう。

 

案内板が無いから、これが目印変わりだね。

 

出入口の前後には、コカ・コーラの自販機と、煙突の付いた家があります。

 

こちらも大きい目印として覚えておくと良いでしょう。

 

誕生地

大久保満寿子誕生地

大久保満寿子誕生地

路地に入って道なりに進んでいくと、常盤1丁目22番地と書かれた札が見つかります。

ここが、大久保満寿子の誕生地です。

 

路地に入れば経路が複雑になると思ったけど、出入口からすぐの場所にあったね。

 

誕生地には現在、一般の住宅が建っています。

 

無断での立ち入りは、決してしないでください。

 

大久保満寿子の人生

誕生

大久保満寿子誕生地

大久保満寿子誕生地

大久保満寿子は、早崎七郎右衛門の次女として、この地で誕生しました。

 

どういう子供時代を過ごしたの?

 

子供時代をはじめ、この地での暮らしぶりは、残念ながら分かっていません。

 

誕生年も不明です。

 

大久保利通に嫁入り

大久保利通生い立ちの地

大久保利通生い立ちの地

安政4年(1857年)12月、満寿子は、大久保利通の元へ嫁入りします。

 

幸せな家庭だったのかなー?

 

嫁入りした満寿子は、3男2女の子宝に恵まれます。

 

夫婦仲は良好で、利通も大変な子煩悩でした。

 

 

紀尾井坂の変後、病死

大久保利通肖像写真

大久保利通肖像写真

明治7年(1874年)12月、満寿子は子供達と東京に移住し、政治家として多忙を極めていた夫と、再び暮らし始めます。

しかし明治11年(1878年)、利通は紀尾井坂で暗殺されました。

 

残された家族は、さぞ辛かったでしょうね......。

 

紀尾井坂の変を境に、満寿子は体調を崩します。

 

そして7ヵ月後、後を追うように亡くなりました。

 

大久保満寿子誕生地の基本情報

【時】 自由
【所】 鹿児島市常盤1丁目22
【料】 無料
【駐】 なし
【交】 鹿児島中央駅から車で5分
鹿児島中央駅から徒歩20分
常盤バス停から徒歩5分

 

大久保満寿子誕生地の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

大久保満寿子誕生地の総評

誕生地とはいえ、現在は一般の住宅が建っています。

写真撮影や見学は、節度を持った範囲で行いましょう。

 

知らない人に家を撮られたり、ジロジロ見られたら、あんまりいい気はしないもんね。

訪問は、スマートに済ませよう!

 

また、周辺には

 

 

などの観光スポットがあります。

 

こちらにも、是非どうぞ。

 

 

周辺の宿は、こちら。

 

JR九州ホテル鹿児島

SNS

 


 

follow us in feedly

 

参考文献

歴史スポット記事の参考文献は、こちら。

 

関連記事

 

お問い合わせ

記事の内容、事実と少し違いますよ。

 

と、お気付きの方は、上記SNSのダイレクトメッセージ、もしくはお問い合わせページより(こっそり優しく)教えてくださいませ。

 

歴史スポットの場合、参考文献と掲載ページを御提示いただくと、大変助かります。

 

関連記事

-鹿児島市の観光スポット, 鹿児島市西部の観光スポット
-,

Copyright© KAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.