調所笑左衛門広郷邸跡

更新日:

調所笑左衛門広郷邸跡

調所笑左衛門広郷邸跡

 

調所広郷って、だーれ?

 

薩摩藩の財政を立て直した人物です。

その褒美で、調所は平之町の屋敷を賜りました。

 

 

調所笑左衛門広郷邸跡は、鹿児島市平之町にあります。

 

当記事では、調所による財政改革を紹介します。

 

 

 

 

調所広郷による財政改革

島津重豪の借金

調所笑左衛門広郷邸跡の石碑

石碑

25代・島津重豪は、造士館や演武館などを創設。

薩摩藩の文化水準向上に、貢献しました。

 

ふむふむ。

 

 

一方、それに伴う支出や蘭癖ぶり、高利貸しからの借金で、負債は最大500万両まで膨れ上がりました。

 

 

 

 

 

財政改革主任

琉球館跡

琉球館跡

なお、この頃の藩の産物量収入は年14万両、経常収入は20万両弱でした。

 

絶対に返せないーっ!

 

 

そこで重豪は、琉球口貿易を担当して着実に利益を出していた調所を、藩の財政改革主任に抜擢。

 

文政11年(1828年)、調所53歳の初夏でした。

 

 

関連記事

 

 

2つの追加命令

まず調所は、大坂商人の出雲屋や平野屋の協力を得て、改革資金を調達します。

 

財政が危ない藩に、よく貸したねー。

 

 

これに気を良くした重豪は、天保元年(1830年)、以下2つの命令を新たに与えました。

 

  1. 50万両の備蓄の蓄え
  2. 古い借金証文の取り返し

 

そこで調所は、主に次の手法を採用しました。

 

 

黒砂糖の専売制強化

でも、いくら何でも無理じゃない?

年20万両弱の収入しかないんでしょ?

 

その無理を通すために、苛烈な搾取が行われました。

 

 

調所は以下の政策を実施し、藩の収入を着実に増やしました。

 

  • 特産品の品質改良と増産
  • 販売方法の改善
  • 琉球口貿易と、それを隠れ蓑とした密貿易の拡大

 

なかでも黒砂糖は、10年間に235万両を売り上げた稼ぎ頭でした。

 

しかし奄美大島、徳之島、喜界島の3島では、砂糖地獄と呼ばれるほどの厳しい取り立てが行われました。

 

 

抜砂糖は死罪、共犯者は遠島。

指先につけて舐めれれば、鞭打ち。

サトウキビの盗み食いは、たとえ相手が子供でも、棒しばりにして晒しました。

 

ひえ~っ!

 

 

借金の250年無利子返済

そして、お金を貸していた商人達に、

「借金を無利子で250年に渡って返済する」

と、一方的に宣言します。

 

暴動が起きそう!

 

 

借金の250年無利子返済に対し、商人達は町奉行に訴えます。

 

しかし調所は、幕府に10万両を献上するなどの裏工作を事前に進めており、不平不満の押さえ込みに成功しました。

 

 

調所笑左衛門広郷邸跡のアクセス・駐車場・料金

営業時間 自由
場所 鹿児島市平之町5-2
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で5分
鹿児島中央駅から徒歩15分
まち巡りバス
鹿児島中央駅から徒歩15分
カゴシマシティビュー
鹿児島中央駅から徒歩15分

 

 

 

調所笑左衛門広郷邸跡の地図

→ Googleマップの大きな地図で見る

 

 

調所笑左衛門広郷邸跡の総評

調所は借金整理の目処が付くと、200万両をつぎ込み、五石橋などの社会資本整備を進めました。

 

200万両!

 

 

弘化4年(1847年)には50万両の備蓄に成功し、鶴丸城二ノ丸の宝蔵に納めます。

 

そのお金が、のちの集成館事業を支えました。

 

歴史は一面的ではなく、多面的に見る必要があることを教えてくれるスポットです。

 

 

 

 

 

 

楽天トラベルをチェック

 

 

 

参考文献はこちら

-城山エリア
-島津斉興, 島津重豪, 調所広郷

Copyright© KAGOPIC , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.