益満休之助の墓

更新日:

益満休之助の墓

益満休之助の墓

益満休之助って、だーれ?

 

幕末に江戸で撹乱工作を実行し、戊辰戦争のきっかけを作った人物です。

 

 

益満休之助の墓は、鹿児島市草牟田1丁目の草牟田墓地にあります。

 

当記事では

  1. 墓の概要
  2. 益満の後半生

を、簡単に紹介します。

 

 

関連記事

 

 

益満休之助の墓の概要

草牟田駐車場

駐車場

駐車場

益満の墓に行くにはまず、草牟田墓地の駐車場を見つけて下さい。

国道3号線から曲がると、すぐに見えます。

 

はいはーい。

 

 

通路

通路

通路

駐車場手前を左に曲がると、細い通路があります。

こちらを、お通り下さい。

 

もうすぐかなー?

 

 

墓石

墓石

墓石

通路が終わったところに、益満家の墓域があります、

この中に、益満の墓があります。。

 

これか~!

 

 

益満休之助の後半生

ヒュースケン暗殺

万延元年(1860年)、即時攘夷派だった益満は、アメリカ公使館の通弁官・ヒュースケンを暗殺。

この事件の首謀者は、同じ薩摩藩士の伊牟田尚平でした。

 

そんなことしたんだ!

 

 

 

 

江戸撹乱

慶応3年(1868年)、旧幕府との開戦名目を得るため、江戸撹乱の命を藩から受けた益満伊牟田は、浪士約500人を集めます。

そして、江戸の治安を預かる出羽庄内藩の屯所に浪士を押し掛けさせ、発砲事件を起こしました。

 

ええ~、そんなことも!

 

 

この事件に、旧幕府側は激怒。

 

薩摩藩邸上屋敷に、砲撃を実行しました。

 

伊牟田は逃亡するも、益満は捕縛されます。

 

そして死罪に処せられるところを、旧幕臣の勝海舟が預かり、九死に一生を得ました。

 

 

山岡鉄舟の護衛

益満伊牟田の江戸撹乱を機に、旧幕府は討薩表を朝廷に上奏し、戊辰戦争が始まりました。

しかし15代将軍・徳川慶喜は、途中で江戸に帰還。

官軍に恭順の意を示すため、謹慎しました。

旧幕臣の山岡鉄舟は、慶喜の恭順意向を官軍参謀の西郷隆盛に伝えるため、江戸を出発。

は護衛兼案内役として、益満を同行させました。

 

こういう時のために、勝は益満を預かったんだね。

 

 

山岡は、東海道で多くの官軍に遭遇します。

 

しかし益満が

 

「薩州藩!」

 

と、名乗ってくれたおかげで、次々と道を通してくれました。

 

このような益満の働きにより、西郷と山岡の会談が駿河で実現。

 

2人の下交渉が西郷と勝の会談につながり、江戸総攻撃中止江戸無血開城が決まりました。

 

 

戦死

江戸無血開城後、抵抗を続ける一部の旧幕府軍との間で、上野戦争が勃発しました。

この戦いで益満は、右足のスネを被弾。

横浜に移送されるも破傷風にかかり、28才の短い生涯を終えました。

 

短く濃い人生だったんだね。

 

 

益満休之助の墓のアクセス・駐車場・料金

営業時間 自由
場所 鹿児島市草牟田1丁目9-19
料金 無料
駐車場 無料
アクセス 鹿児島空港から車で30分
鹿児島中央駅から車で10分
草牟田バス停から徒歩3分
電話 099-227-1167

 

 

益満休之助の墓の地図

→ Googleマップの大きな地図で見る

 

 

益満休之助の墓の総評

幕末の薩摩では西郷さんが1番有名だけど、益満のように裏で活動した人もいたんだね。

 

歴史の表舞台に出ずとも、歴史を変えた人物は沢山います。

益満も、その1人です。

 

 

 

 

楽天トラベルをチェック

 

 

 

参考文献はこちら

-西部エリア
-ヒュースケン, 伊牟田尚平, 勝海舟, 山岡鉄舟, 徳川慶喜, 益満休之助, 西郷隆盛

Copyright© KAGOPIC , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.