鹿児島市西部エリア

西郷園の墓|アクセス・駐車場・料金

投稿日:2018年7月17日 更新日:

西郷園の墓

西郷園の墓

 

西郷園って、だーれ?

 

西郷隆盛の弟、西郷吉二郎と結婚した女性です。

 

 

西郷園の墓は、鹿児島市常盤2丁目の西郷家の墓にあります。

 

当記事では、園の人生を簡単に紹介します。

 

 

西郷園の墓 関連記事

 

 

\いっぺこっぺはKAGOPICを応援しています/

▲グルメ・旅行先レビューも不定期更新中!▲

西郷園の人生

誕生

の誕生年月日は、よく分かっていません。

園は、明治時代に海軍大臣を務めた仁礼景範の妹でした。

 

ふむふむ。

 

 

結婚

西郷マスの墓

西郷マスの墓

慶応元年(1865年)、吉二郎の最初の妻・マスが、長女・みつ(3才)と長男・隆準(2才)を遺し、病死します。

その2年後の慶応3年(1867年)、吉二郎はを迎えて再婚しました。

 

つまり園は、遺児2人の面倒を見ることになったんだね。

 

 

未亡人に

西郷吉二郎の墓

西郷吉二郎の墓

しかし明治元年(1868年)、戊辰戦争で吉二郎が戦死します。

結婚生活は、約1年半。

2人の間に子供はいませんでした。

 

なんと!

 

 

しかしは、西郷家に留まります。

 

そして、遺児2人の子育てを続けました。

 

 

関連記事

 

 

西南戦争・避難

西郷南洲野屋敷跡

西郷南洲野屋敷跡

明治10年(1877年)には、西南戦争が勃発します。

は一家総出で、西別府などに避難。

使用人を含む計16人が、薄粥をすすって静かに暮らしました。

 

隆盛の家族・親戚にとって、大変な時期だったろうね。

 

 

 

 

育児・死去

西郷武屋敷跡

西郷武屋敷跡

戦後のは、義弟・西郷従道が再建した武屋敷に居住します。

そして、遺児2人の子育てに再び専念しました。

のちに、みつは足立家に嫁いで7人の子を出産。

隆準はドイツに留学後、宮内省や台湾総督府に勤めました。

 

園は、血の繋がらない2人の遺児を立派に育て上げたんだね。

 

 

明治29年(1896年)、園は推定55才で亡くなりました。

 

お墓は吉二郎の前妻、マスの隣に建っています。

 

 

関連記事

 

 

西郷園の墓のアクセス・駐車場・料金

営業時間 自由
場所 鹿児島市常盤2丁目2-14
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で10分
鹿児島中央駅から徒歩20分
花岡通バス停から徒歩5分

 

 

西郷園の墓の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

 

西郷園の墓の総評

西郷家の墓に、詳細な案内板はありません。

しかしの墓は、すぐに見つけられるでしょう。

 

「西郷園子」と刻まれた。少し赤い墓石が目印です!

 

 

また周辺には、以下の観光スポットがあります。

 

 

こちらにも、ぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

 

人気記事 鹿児島市観光おすすめスポット

 


-鹿児島市西部エリア
-, , , , , ,

Copyright© KAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.