西郷松子と幸吉の墓

更新日:

西郷松子と幸吉の墓

西郷松子と幸吉の墓

 

西郷松子幸吉って、だーれ?

 

2人は、親子でした。

松子は、西郷隆盛の末弟・小兵衛に嫁ぎ、幸吉は長男として生まれました

 

 

西郷松子と幸吉の墓は、鹿児島市常盤1丁目の西郷家の墓にあります。

 

当記事では、2人の人生を簡単に紹介します。

 

 

関連記事

 

 

西郷松子と幸吉の人生

松子誕生

安政4年(1957年)、松子は、大山巌の姉・国子の次女として生まれました。

 

ということは、松子は大山の姪にあたるんだね。

 

 

 

結婚・幸吉の誕生

西郷武屋敷跡

西郷武屋敷跡

明治6年(1873年)、西郷の下野に伴い、末弟の小兵衛が鹿児島に帰ってきます。

そして松子は、帰郷したばかりの小兵衛と、結婚することになりました。

 

なるほど~。

 

 

2人は武屋敷で生活を送り、明治9年(1876年)には、長男の幸吉が誕生。

 

しかし、生後まもなく脳膜炎に掛かり、障碍が残りました。

 

 

関連記事

 

 

西南戦争

西郷南洲野屋敷跡

西郷南洲野屋敷跡

幸吉誕生翌年の明治10年(1877年)、西南戦争が勃発します。

小兵衛は戦死し、居住していた武屋敷も、政府軍に燃やされました。

 

つらすぎる......。

 

 

2人を含む西郷一家は、西別府の屋敷に避難。

 

明治12年(1880年)になると、西郷の次弟・従道が、幸吉名義で武屋敷を再建します。

 

こうして、一家は再び武村に住みました。

 

 

 

 

 

別れ・幸吉の死

その後の西郷家は、次々と人が巣立ち、あの世に旅立っていきました。

 

月日を重ねるとは、そういうことだよね。

 

 

西郷の妻であったは、長男の寅太郎と東京で同居を始めます。

 

居候の川口雪篷や、義姉のは、明治中期に死去。

 

大正7年(1918年)には幸吉も亡くなり、武屋敷の住人は、松子1人となりました。

 

 

 

 

新たな子育て・松子の死

ところが、大正10年(1921年)に寅太郎が亡くなると、松子は7人の遺児を預かり、面倒を見ることになりました。

 

1人暮らしから、一気に8人家族に!

 

 

遺児達は、鹿児島二中(現在の甲南高校)に通い、勉学に励みました。

 

そして、昭和18年(1943年)に、松子は亡くなります。

 

享年87才の長命でした。

 

 

西郷松子と幸吉の墓のアクセス・駐車場・料金

営業時間 自由
場所 鹿児島市常盤2丁目2-14
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で10分
鹿児島中央駅から徒歩20分
花岡通バス停から徒歩5分

 

 

 

西郷松子と幸吉の墓の地図

→ Googleマップの大きな地図で見る

 

 

西郷松子と幸吉の墓の総評

画家の肥後直熊は、少年時代に西郷に可愛がられました。

直熊作の西郷肖像画を見た松子は、

「世に多くの肖像画があるが、この右に出るものは少ない」

と、評しました。

 

貴重な証言を残したんだね。

 

 

その松子と息子の幸吉が眠るお墓は、他の西郷家の墓とくらべ、比較的新しいです。

 

そのため、すぐに見つけることができます。

 

 

 

 

楽天トラベルをチェック

 

 

 

参考文献はこちら

-西部エリア
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© KAGOPIC , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.