鹿児島市北部

桐野利秋誕生地

投稿日:2018年7月18日 更新日:

読了予測:6分

桐野利秋誕生地

桐野利秋誕生地

桐野利秋って、何をした人なの?

 

明治10年(1877)の西南戦争で、西郷軍を指揮した人物です。

 

 

桐野利秋誕生地は、鹿児島市吉野町にあります。

 

この記事では、誕生地の概要や逸話を紹介します。

 

 

桐野利秋誕生地 関連記事

 

 

桐野利秋誕生地の概要

出入口

出入口

出入口

出入口

出入口

誕生地に行くには、まずは階段を登ります。

 

登ってすぐの公園にあるんだねー。

 

 

出入口は階段になっていますが、徒歩30秒で着きます。

 

誕生地は現在、実方(さねかた)公園という小さな広場になっています。

 

 

石碑

石碑と解説板

石碑と解説板

立派な石碑~。

 

この石碑は、大正9年(1920年)に建てられました。

 

 

桐野利秋誕生地の逸話

貧しい生活

石碑

石碑

天保9年(1838年)、中村与右衛門の次男として、桐野は生まれました。

 

 暮らしぶりは、どうだったの?

 

 

中村家の家格は、城下士として下から2番目、の御小姓与(ごしょうよ)。

 

しかし少年時代、父の与右衛門が徳之島へ流刑となり、家禄を失いました。

 

また、兄も病死したため

 

  • 農業
  • 開墾
  • 紙すき

 

などで、家計を支えました。

 

 

山下孫兵衛の施し

桐野利秋田蘆跡

桐野利秋田蘆跡

めちゃめちゃ苦労したんだね......!

助ける人はいなかったの?

 

史料には、山下孫兵衛という名前が、何度か出てきます。

 

 

主食がカライモの中村家にとって、歳末に餅を備えることは難しい事でした。

 

これを山下孫兵衛が憐れみ、餅米を贈った逸話が残っています。

 

明治6年(1873年)に下野した際は、この孫兵衛を頼り、吉田で開墾に従事しました。

 

 

野太刀自顕流の稽古

薬丸兼義の墓

薬丸兼義の墓

しかし、桐野は貧しいながらも、武芸の鍛錬を怠りませんでした。

 

ここで、稽古をしていたの?

 

 

幼少の頃から、野太刀自顕流の立ち木打ちに徹し、自宅や近所の庭木に1日8000回打ち込み、すべて枯らせるほど練習に励みました。

 

その甲斐もあり、軒先から1滴の雨だれが地面に落ちる間に、3度抜刀して3度鞘に収められるほどの腕前に。

 

やがて薬丸兼義の門弟となり、京都で西郷隆盛の警護に従事しました。

 

 

 

 

桐野利秋誕生地の基本情報

営業時間 自由
場所 鹿児島市吉野町389
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で35分
鹿児島中央駅から車で20分
実方(さねかた)神社バス停から徒歩3分

 

 

桐野利秋誕生地までスムーズに行けるナビアプリ

 

 

桐野利秋誕生地の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

 

桐野利秋誕生地の総評

公園には樹木が多く、

「このような木を、すべて枯らせたのか」

と、感慨に浸れます。

 

ディープな幕末ファンなら、訪れるべき場所の1つかも。

 

 

文久2年(1862年)、島津久光に従って、桐野は上洛します。

 

これを機に京都政界で活躍し、その名が知られることになりました。

 

誕生地を訪れ、当時の桐野の気持ちに思いを巡らせるのもいいですよ。

 

 

また、周辺には

  1. 関吉疎水の疎水溝
  2. 別府晋介誕生地
  3. 川口雪篷の墓
  4. 駄馬落の跡

 

などの観光スポットもあります。

 

こちらにも、ぜひどうぞ。

 

 

 

 

桐野利秋誕生地周辺のホテル

 

-鹿児島市北部
-, , ,

Copyright© KAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.