鶴灯籠

投稿日:2018年7月23日 更新日:

鶴灯籠

鶴灯籠

変わった形の灯籠ニャ。

 

笠石の形から、鶴灯籠と呼ばれています。

 

 

鶴灯籠は、鹿児島市吉野町の仙巌園にあります。

 

この記事では、鶴灯籠の歴史を紹介します。

 

 

 

 

鶴灯籠の歴史

島津斉彬とガス灯

名君ニャ!

幕末の名君ニャ!

 

はい。

28代・島津斉彬は、集成館事業の一環として、ガス灯の普及を考えていました。

 

 

関連記事

 

 

まず、斉彬は、薩摩藩士で蘭学者の寺島宗則と八木称平に、ガス灯に関するオランダ書物を翻訳させました。

それをもとに必要な器具を造り、安政4年(1857年)、この鶴灯籠でガス灯をともしました。

 

器具を一から作るというもの、凄いニャー。

 

 

 

 

しかし、ガス灯の普及計画は、安政5年(1858年)の斉彬急死で、中止となりました。

それから14年後の明治5年(1872年)、横浜の本町通りで、ガス灯の街灯照明が始まりました。

 

斉彬の先見の明は、凄いニャ!

 

 

こうして、斉彬の掲げた豊かな国造りは、明治政府の殖産興業へと受け継がれていきました。

 

 

鶴灯籠の基本情報

営業時間 午前8時30分~午後5時30分
休園日 年中無休
場所 鹿児島市吉野町9700-1
料金 大人・高校生以上1,000円
尚古集成館と共通
小中学生500円
尚古集成館と共通
駐車場 1日300円
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で20分
まち巡りバス
仙巌園前から下車すぐ
カゴシマシティビュー
仙巌園前から下車すぐ
電話 099-247-1551
HP 仙巌園

 

 

にアクセスする際、ナビタイムを使うと、道に迷いません。

 

 

created by Rinker
NAVITIME
¥4,980 (2018/09/24 21:07:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
NAVITIME
¥3,500 (2018/09/24 21:07:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

鶴灯籠の地図

 

鶴灯籠の総評

一見ただの石灯籠に見えますが、歴史的名脇役ともいえるスポットです。

仙巌園の、御殿下庭にあります。

 

特徴のある形だから、見つけられるはずニャ!

 

 

また、周辺には、以下の観光スポットがあります。

 

 

こちらにも、ぜひどうぞ。

 

 

 

絶妙なバランス。鶴灯籠 #仙巌園 #鹿児島

bhnomoriさん(@bhnomori)がシェアした投稿 -

 

鹿児島行きのLCC航空券は、こちら。

 

≫ エアトリ

 

 

-
-, , , , ,

Copyright© 鹿児島市の旅行ならKAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.