吉野・磯地区 吉野町

鶴灯籠

更新日:

鶴灯籠

鶴灯籠

変わった形の灯籠ニャ。

 

笠石の形から、鶴灯籠と呼ばれています。

 

鶴灯籠は、鹿児島市吉野町の仙巌園内にあります。

 

この記事では、鶴灯籠のちょっとした歴史を紹介します。

 

関連記事

 

島津斉彬と鶴灯籠

島津斉彬の銅像

島津斉彬公像

名君ニャ!

幕末の名君ニャ!

 

はい。

28代島津斉彬は、集成館事業の一環として、ガス灯の普及を考えていました。

 

まず、斉彬は蘭学者の松木弘安(寺島宗則)と八木称平に、ガス灯に関するオランダ書物を翻訳させます。

 

それをもとに必要な器具を造り、安政4年(1857年)、この鶴灯籠でガス灯がともされました。

 

器具を一から作るというもの、地味に凄いニャー。

 

集成館事業には、実に多くの秀才が携わっていました。

 

しかしガス灯の普及計画は、安政5年(1858年)の斉彬急死で、中止となります。

 

それから14年後の明治5年(1872年)、横浜の本町通りで、ガス灯の街灯照明が始まりました。

 

斉彬の掲げた豊かな国造りは、明治政府の殖産興業へ受け継がれていったのです。

 

アクセス・営業時間・料金など仙巌園(鶴灯籠)の基本情報

  • 営業時間 / 午前8時30分~午後5時30分
  • 場所 / 鹿児島市 吉野町9700-1
  • 料金 / 大人・高校生以上1,000円 小中学生500円
  • 休園日 / なし
  • 駐車場 / 1日300円
  • アクセス① / 鹿児島中央駅から車で20分
  • アクセス② / 仙巌園前バス停(まち巡りバス)から下車すぐ
  • アクセス③ / 仙巌園前バス停(カゴシマシティビュー)から下車すぐ
  • お問い合わせ / 099-247-1551
  • HP / 仙巌園

 

仙巌園(鶴灯籠)の地図

鶴灯籠の総評

一見ただの石灯籠に見えますが、歴史的名脇役ともいえるスポットです。

 

仙巌園の、御殿下庭にあります。

 

 

絶妙なバランス。鶴灯籠 #仙巌園 #鹿児島

bhnomoriさん(@bhnomori)がシェアした投稿 -

パックツアーはこちら

 

-吉野・磯地区, 吉野町
-, , , , ,

Copyright© KAGOPIC! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.