鹿児島市西部エリア

小松帯刀原良別邸跡

投稿日:2018年7月17日 更新日:

小松帯刀原良別邸跡

小松帯刀原良別邸跡

 

小松帯刀原良別邸跡って、なーに?

 

薩摩藩家老・小松帯刀が、原良(はらら)に所有していた別邸の跡地です。

幕末、あの坂本龍馬が泊まったことがあるんですよ。

 

 

小松帯刀原良別邸跡は、鹿児島市原良4丁目にあります。

 

当記事では、小松帯刀原良別邸の概要や、逸話を紹介します。

 

 

 

 

小松帯刀原良別邸跡の概要

出入口

出入口

出入口

別邸跡は、住宅地奥にあります。

まずは、出入口にある城西歯科を見つけて下さい。

周辺に、別邸跡を指す看板が立っています。

 

看板があると、分かりやすいね。

 

 

石垣

石垣

石垣

出入口から約150m進むと、約100mの石垣が見えてきます。

これが、当時を偲ぶ唯一の遺構です。

 

当時の石垣が、そのまま残ってるんだね。

 

 

石垣

石垣

石垣の左側に、ちょっとした坂道があります。

こちらを登ってみましょう。

 

え?

奥に進んでいいの?

 

 

中庭と臥竜梅

中庭と臥竜梅

中庭と臥竜梅

坂を少し上がると、別邸跡の中庭を望めます。

樹齢300年の臥竜梅もありますよ。

 

小松龍馬も、この臥竜梅を見たんだね!

 

 

なお現在は所有者がおり、れっきとした私有地です。

 

中庭には、決して無断で立ち入らないで下さい。

 

 

石碑

石碑

石碑

中庭の手前に、石碑が建っています。

少し読みにくいですが、『小松帯刀○○跡入口』と、刻まれています。

 

これも記念に写真を撮ろっと!

 

 

龍馬夫妻の滞在

慶応2年(1866年)、龍馬は京の寺田屋で捕吏に襲われ、負傷します。

その後、療養のために妻・お龍と来薩。

城下の小松屋敷や、ここ原良別邸にも滞在しました。

 

なるほど。

小松が龍馬を匿ったんだね。

 

 

龍馬夫妻は別邸に数日滞在後、吉井友実親子と霧島に向かいます。

 

そして、高千穂峰登山やピストル猟、湯治など、人生で一番の幸せを満喫。

 

これが日本初の新婚旅行と言われています。

 

 

関連記事をチェック

 

 

坂本龍馬暗殺未遂事件

なお、霧島から戻ってきた後、

大藤太郎と名乗る男が訪ねてきて、龍馬の命を狙った」

と、お龍が明治時代に証言しています。

この暗殺未遂事件を機に、2人は上町(かんまち)の一軒家に移りました。

 

そんなことがあったんだ!

 

 

関連記事をチェック

 

 

小松帯刀原良別邸跡のアクセス・駐車場・料金

営業時間 自由
場所 鹿児島市原良4丁目16
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で10分
かけごしバス停から徒歩5分

 

 

小松帯刀原良別邸跡の地図

→ Googleマップの大きな地図で見る

 

 

小松帯刀原良別邸跡の総評

龍馬夫妻の鹿児島城下滞在地と言えば、ここです。

 

小松ファンだけでなく、龍馬ファンにも訪れて欲しいね。

 

 

また周辺には、以下の観光スポットがあります。

 

  1. 調所笑左衛門広郷邸跡
  2. 大久保満寿子生誕地
  3. 西郷家の墓
  4. 草牟田墓地

 

こちらにも、ぜひどうぞ。

 

 

 

 

楽天トラベルをチェック

 

 

-鹿児島市西部エリア
-, , , ,

Copyright© KAGOPIC , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.