鹿児島市西部エリア

西郷・大久保座禅石|アクセス・駐車場・料金

投稿日:2018年7月17日 更新日:

西郷・大久保座禅石

西郷・大久保座禅石

 

今回は、西郷隆盛大久保利通が座禅を組んだ石を見に行きましょう。

 

そんなとこが、あるんだ!

 

 

西郷・大久保座禅石は、鹿児島市城山1丁目にあります。

 

当記事では、西郷・大久保座禅石の概要や、逸話を紹介します。

 

 

西郷・大久保座禅石 関連記事

 

 

\いっぺこっぺはKAGOPICを応援しています/

▲グルメ・旅行先レビューも不定期更新中!▲

西郷・大久保座禅石の概要

出入口

出入口

出入口

出入口

出入口

座禅石は、閑静な住宅街にあります。

案内板に沿っていけば、簡単に着きますよ。

 

分かりやすーい。

 

 

上記写真のほか、数ヶ所に案内板が設置されています。

 

初めての方でも、訪れやすいスポットです。

 

 

座禅石

西郷・大久保座禅石

西郷・大久保座禅石

西郷・大久保座禅石

西郷・大久保座禅石

座禅石は、公園の一番奥にあります。

 

これか~。

 

 

座禅石には、誰でも自由に座ることが出来ます。

 

胡坐をかき、目を閉じて瞑想するのもいいでしょう。

 

 

石碑

石碑

石碑

隣の石碑に、いろいろ書いてあるね。

 

ここでは、4人の名前を確認できます。

 

 

無参禅師は、2人に禅を教えた誓光寺の住職でした。

 

南洲・甲東とは、西郷大久保のことです。

 

碑文の揮毫者である東郷平八郎は、2人と同じ下加治屋町出身でした。

 

 

無参禅師の墓

無参禅師の墓

無参禅師の墓

座禅石隣りの墓地に、その無参禅師の墓があります。

 

どういう人だったの?

 

 

無参禅師は、2人の盟友・吉井友実の叔父でした。

 

島津家の菩提寺である福昌寺の住職を務め、晩年に誓光寺を起こし、名僧と呼ばれた人物です。

 

なお、墓は福昌寺跡(島津家墓地)にもあります。

 

 

 

 

西郷・大久保座禅石の逸話

お由羅騒動

お由羅屋敷

お由羅屋敷

ところで西郷大久保は、いつ頃に座禅を組んでいたの?

 

おおよそ、嘉永3年~嘉永4年(1850年~1851年)の頃です。

 

 

このころ、お由羅騒動によって大久保の父・次右衛門が島流しに遭うなど、2人に大きな試練が訪れました。

 

明治の陸軍大将で、西郷の従兄弟だった大山巌は、

 

「6~7才の頃、習字や読書を教わるために朝早く西郷家に行くと、西郷は既に無参禅師からの講習を終えて帰宅しているのが常だった」

 

と、証言しています。

 

 

移転

西郷・大久保座禅石というぐらいだから、ここで座禅を組んでいたんだよね?

 

半分正解、半分不正解とも言えます。

 

 

この座禅石のあった誓光寺は、もともと草牟田にありました。

 

しかし、明治の廃仏毀釈で廃寺に。

 

戦後には、草牟田の区画整理で廃棄の危機に陥ります。

 

しかし、有志のおかげで、ここ城山1丁目に移転されました。

 

 

西郷・大久保座禅石のアクセス・駐車場・料金

営業時間 自由
場所 鹿児島市城山1丁目45-14
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で35分
鹿児島中央駅から車で10分
座禅石公園バス停から徒歩3分

 

 

西郷・大久保座禅石の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

 

西郷・大久保座禅石の総評

若き2人の当時に、思いを馳せて瞑想するのも悪くないですよ。

 

誰か来ないか、ちょっとドキドキだけどね(笑)

 

 

地元の方々の清掃もあり、公園は常にキレイに保たれています。

 

また周辺には、以下の観光スポットがあります。

 

 

こちらにも、ぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

人気記事 鹿児島市観光おすすめスポット

 


-鹿児島市西部エリア
-, , , , , ,

Copyright© KAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.