鹿児島市西部

陸軍火薬庫跡

投稿日:2018年7月17日 更新日:

陸軍火薬庫跡

陸軍火薬庫跡

陸軍の火薬庫があったことを、わざわざ石碑に残すってことは、何かあったのかニャ?

 

はい。

私学校生徒が、草牟田の火薬庫を襲撃したため、西南戦争が起きてしまったんです。

 

 

陸軍火薬庫跡は、鹿児島市草牟田1丁目の草牟田墓地にあります。

 

この記事では、見どころ・概要のほか、私学校生徒による襲撃の経緯を紹介します。

 

 

 

 

陸軍火薬庫跡の見どころ・概要

草牟田墓地駐車場

草牟田墓地駐車場

草牟田墓地駐車場

陸軍火薬庫跡の石碑は、草牟田墓地内に、2つあります。

まずは、墓地出入口にあたる、駐車場を探してください。

 

はいニャ!

 

 

石碑①

石碑①

石碑①

駐車場の右側に、1つめの石碑があります。

〈陸軍火薬庫跡〉と刻まれてますが、実は、火薬庫があったのは、ここではありません。

 

ニャんと!

 

 

草牟田墓地通路

草牟田墓地通路

草牟田墓地通路

もう1つの石碑は、草牟田墓地の通路を上ったところにあります。

ちなみに、通路は徐々に狭くなります。

車ではなく、必ず徒歩で上がってください。

 

了解ニャ!

 

 

石碑②

石碑②

石碑②

石碑②

石碑②

通路を約1分上ると、右手に、もう1つの石碑があります。

だいたい、この辺りに火薬庫がありました。

 

ここにも石碑があるなんて、下に案内板は、なかったニャ。

知る人ぞ知る石碑ニャ。

 

 

陸軍火薬庫があった場所

陸軍火薬庫があった場所

陸軍火薬庫があった場所

かつて、陸軍火薬庫があったと思われる場所を、上から眺めてみましょう。

先ほどの、石碑後方です。

火薬が置かれたため、万一の爆発を考慮し、この谷中にあったと考えられます。

 

爆発はしニャかったけど、暴発が起きてしまったんだニャー。

 

 

私学校生徒による陸軍火薬庫襲撃の経緯

武器の搬出

明治9年(1876年)、西日本で旧士族による反乱が、相次ぎました。

明治政府の木戸孝允は、火薬・銃器が作られ、火薬庫もある鹿児島に、それらを置くのは危険と判断。

大阪に移すよう、主張しました。

当時の鹿児島は、政府への不満が充満していました。

 

ニャるほど。

 

 

木戸の主張は、いったん退けられました。

 

しかし、鹿児島の情勢は、さらに不穏に。

 

そこで政府は、明治10年(1877年)1月29日の夜、武器弾薬を船に乗せ、大阪に搬出することにしました。

 

武器弾薬の移動に対しては、鹿児島県庁に届ける決まりでした。

 

ところが、政府は、届出をしませんでした。

 

 

火薬庫襲撃

堀新次郎・汾陽尚次郎・松永高美の墓

堀新次郎・汾陽尚次郎・松永高美の墓

同日夜、堀新次郎、汾陽尚次郎、松永高美の3人は、お酒を飲んでいました。

そして、政府による搬出の報せを聞いた3人は、私学校の夜間生徒と、草牟田の火薬庫を襲撃。

小銃や弾薬を略奪しました。

 

酔っ払った状態だったんだニャー。

 

 

翌日には、私学校生徒約1,000名が、再襲撃。

 

翌々日には、磯の海軍造船所の火薬も襲撃。

 

同じく、小銃と弾薬を奪いました。

 

 

陸軍火薬庫跡の基本情報

営業時間 自由
場所 鹿児島市草牟田1丁目9-26
料金 無料
駐車場 無料
アクセス 鹿児島空港から車で30分
鹿児島中央駅から車で10分
草牟田バス停から徒歩3分
電話 草牟田墓地
099-227-1167

 

 

なお、陸軍火薬庫跡へのアクセスは、ナビタイムを使うと、スムーズです。

 

 

created by Rinker
NAVITIME
¥4,980 (2018/10/16 00:33:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
NAVITIME
¥3,500 (2018/10/16 00:33:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

陸軍火薬庫跡の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

 

陸軍火薬庫跡の総評

その後、私学校生徒は、偵察目的で帰郷していた、鹿児島出身の警察官約20名を捕縛。

そのなかの1人、中原尚雄は、拷問により、鹿児島の実質的なリーダーだった、西郷隆盛の暗殺命令を吐きました。

 

ところで西郷さんは、その後、どうしたのかニャ?

 

 

狩猟先の根占で、弟の小兵衛から、襲撃の一報を聞いた西郷は、

 

「ちょ、しもた!」(しまった!)

 

と、叫んだと伝わっています。

 

 

後日、鹿児島の武屋敷に戻った西郷は、詰めかけた私学校生徒達を、激しく叱責。

 

息子の菊次郎は、

 

「あの時ほど父が大きな声で人を叱りつけたのは、聞いたことがない。」

 

と、証言しています。

 

 

また、西郷は、自身への暗殺命令を信じていました。

 

この暗殺疑惑が、挙兵の大義名分となりました。

 

 

関連記事

 

 

また、周辺には、以下の観光スポットがあります。

 

 

こちらにも、ぜひどうぞ。

 

 

人気記事 鹿児島市観光おすすめスポット

人気記事 西郷隆盛ゆかりの地

-鹿児島市西部
-, , , , , ,

Copyright© 鹿児島市の旅行ならKAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.