鹿児島中央駅エリア

川村純義誕生地|アクセス・駐車場・料金

投稿日:2018年7月21日 更新日:

川村純義誕生地

川村純義誕生地

 

川村純義(すみよし)って、だーれ?

 

明治5年(1872年)に、日本海軍を創設した人物です。

明治10年(1877年)の西南戦争では、西郷軍と戦いました。

 

 

川村純義誕生地は、鹿児島市荒田一丁目にあります。

 

この記事では、川村の人生を簡単に紹介します。

 

 

\いっぺこっぺはKAGOPICを応援しています/

▲グルメ・旅行先レビューも不定期更新中!▲

川村純義の人生

誕生

天保7年(1836年)、川村は、現在の荒田1丁目に生まれます。

当時は、高麗方限(こうらいほうぎり)と呼ばれ、大久保利通も、この地域で生まれました。

 

そうなんだ~。

 

 

戊辰戦争

慶応4年(1868年)に始まった戊辰戦争では、薩摩藩四番隊長として出陣します。

会津戦争における十六橋の戦いでは、敵による橋の爆破を阻止。

官軍を、会津若松城に導きました。

 

勇敢な人だったんだね。

 

 

日本海軍創設

時代が明治に変わると、薩摩藩の大隊隊長を経て、軍人として政府に出仕します。

明治5年(1872年)には、近代日本海軍を創設。

海軍省発足に伴い、海軍少輔となりました。

 

順調に出世していったんだね。

 

 

西南戦争

ところが明治10年(1877年)1月、鹿児島の私学校生徒が暴発し、政府所有の火薬庫を襲撃します。

川村は、鹿児島に赴いて西郷隆盛と会談し、出兵上京を回避させようとしました。

しかし西郷は、私学校幹部に会談を反対され、川村はやむなく鹿児島を去りました。

 

もし実現していたら、歴史は変わったかもね。

 

 

南洲墓地

南洲墓地

同年9月、九州を敗走した西郷軍は、鹿児島に戻ってきます。

そして、同軍の河野主一郎山野田一輔が、西郷に真の任務を明かさず、川村との面会に赴きました。

西郷助命を、直接訴えるためです。

 

それで、どうなったの?

 

 

「助命は天皇大権のため、まずは軍門に下るように」

 

と、川村は2人に諭します。

 

これに対して西郷は、返答をしませんでした。

 

翌日、政府軍は総攻撃を開始。

 

旧浄光明寺境内(現在の南洲墓地)で、川村は西郷の遺体を検死しました。

 

 

関連記事

 

 

昭和天皇御養育・死去

時代は下り、明治34年(1901年)、昭和天皇がお生まれになります。

同年、川村は皇太子養育係に任じられ、自宅で御養育しました。

 

責任重大!

 

 

しかし、3年目の明治37年(1904年)、川村は病気で亡くなります。

 

生前の功績により、死後、海軍大臣に昇格しました。

 

 

川村純義誕生地のアクセス・駐車場・料金

営業時間 自由
場所 鹿児島市荒田1丁目1
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で35分
鹿児島中央駅から車で3分
鹿児島中央駅から徒歩10分
まち巡りバス
鹿児島中央駅前から徒歩10分
カゴシマシティビュー
鹿児島中央駅前から徒歩10分

 

 

川村純義誕生地の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

 

川村純義誕生地の総評

川村の知名度は、決して高くありません。

そのため、結構アッサリとしたスポットです。

 

西郷さんとの関わりについて、もっと知られていいかもね。

 

 

ちなみに明治31年(1898年)、上野で西郷像除幕式が行われた際、川村はスピーチを行っています。

 

挙兵が西郷の本意でなかったことを、川村は充分把握していました。

 

 

また周辺には、以下の観光スポットがあります。

 

 

こちらにも、ぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

 

人気記事 鹿児島市観光おすすめスポット

 

-鹿児島中央駅エリア
-, , , , ,

Copyright© KAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.