城山周辺の観光スポット 観光スポット

西郷隆盛終焉の地

投稿日:2018年5月7日 更新日:

読了予測:5分

西郷隆盛終焉の地

西郷隆盛終焉の地

西郷隆盛終焉の地って、西郷さんが亡くなった場所?

 

亡くなったのは、終焉の地とも、少し離れた場所とも言われています。

いずれにしても、城山の麓で亡くなったのは、事実です。

 

西郷隆盛終焉の地は、鹿児島市城山町にあります。

 

この記事では、同地の概要や逸話を紹介します。

 

 

西郷隆盛終焉の地の概要

出入口

出入口

出入口

西郷隆盛終焉の地は、JR日豊本線沿いにあります。

まずは、左手に見える階段をお昇り下さい。

 

車椅子の方は、介助者が必要だね。

 

一見、出入口の周辺に、駐車スペースがあるように見えます。

 

しかし、残念ながら駐車禁止です。

 

石碑

石碑

石碑

階段を昇ってすぐの所に、〈西郷南洲翁終焉之地〉の石碑があります。

明治32年(1899年)9月に建立されました。

 

おお~、立派だ!

 

西郷隆盛終焉の地の逸話

被弾

西郷隆盛洞窟

西郷隆盛洞窟

明治6年(1877年)9月24日の午前4時、官軍の総攻撃が始まりました。

そして午前6時頃、西郷は洞窟前で駕籠に乗り、城山の麓に下って行きました。

 

ついに、死出の旅路に向かって行ったんだね......!

 

そして、島津応吉邸前で、股と腹に被弾します。

 

「晋どん、もうここらでよか。」

 

関連記事

 

介錯

晋どんとは、別府晋介の事です。

実は西南戦争出立前、西郷は万一の時の介錯を、別府に依頼していました。

 

最期を託される程の腕前を、別府は持っていたんだね。

 

西郷は、皇居のある東方に黙礼しました。

 

「御免なったもんせーっ!(お許し下さい!)」

 

別府は、涙を流して介錯

 

西郷の懐中には、共に国事周旋に走った盟友、橋本左内の手紙がありました。

 

西郷の首

南洲墓地

南洲墓地

別府は、西郷の従僕・吉左衛門に命じ、折田正助邸前の溝川に、首を埋めさせました。

 

大将首を敵に渡さないのは、武士の意地だったのかもね。

 

しかし大雨が降り、泥が流されたため、西郷の首の一部が露出。

 

官軍の千田登文が発見し、浄光明寺(現南洲墓地)にいた、参軍・山県有朋の元へ届けられました。

 

関連記事

 

西郷隆盛終焉の地の基本情報

【時】 自由
【所】 鹿児島市城山町13
【駐】 なし
【交】   鹿児島中央駅から車で10分
まち巡りバス 薩摩義士碑前から徒歩5分
カゴシマシティビュー 薩摩義士碑前から徒歩5分

 

西郷隆盛終焉の地の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

西郷隆盛終焉の地の総評

お墓でも宗教施設でもないけど、手を合わせたい場所だね。

 

アッサリしたスポットなので、肩透かしを食うかもしれません。

しかし、西郷ゆかりの地巡りとしては、外せない場所でしょう。

 

また、周辺には

 

 

などの観光スポットがあります。

 

こちらにも、是非どうぞ。

 

 


 

follow us in feedly

 

歴史スポット記事の参考文献は、こちら。

 

関連記事

 

記事の内容、事実と少し違いますよ。

 

と、お気付きの方は、上記SNSのダイレクトメッセージ、もしくはお問い合わせページより(こっそり優しく)教えてくださいませ。

 

歴史スポットの場合、参考文献と掲載ページを御提示いただくと、大変助かります。

 

関連記事

-城山周辺の観光スポット, 観光スポット
-, , , , , , ,

Copyright© KAGOPIC 鹿児島市観光ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.