反射炉跡

更新日:

反射炉跡(鹿児島市)

反射炉跡(鹿児島市)

 

反射炉って、なーに?

 

鉄を溶かして鋳型に流し込み、大砲の砲身を造った、金属融解炉のことです。

28代・島津斉彬が興した、集成館事業の一環として建てられました。

 

 

反射炉跡は、鹿児島市吉野町の仙巌園内にあります。

 

当記事では、反射炉跡の概要や、歴史を紹介します。

 

 

 

 

反射炉跡(鹿児島市)の概要

基礎部分

反射炉跡の基礎部分

基礎部分

こちらが、反射炉の基礎部分です。

 

お城の石垣みたいだね。

 

 

反射炉では、数万個の耐火レンガが使用されました。

 

そのため、過大な重量に耐えられるよう、城郭の石垣と同じ工法で基礎部分が組まれました。

 

 

石垣

反射炉跡の石垣

石垣

石組みも、緻密です。

カミソリ1枚も通さないほど、キッチリしています。

 

すごいね~。

 

 

石垣に使用されたのは、凝灰岩

 

大昔の桜島の大爆発で、生まれた石です。

 

水が染み込みにくく、頑丈なのが特徴です。

 

 

燃焼室(炉床)

燃焼室(炉床)

燃焼室(炉床)

階段を上がると、燃焼室(炉床)が見えてきます。

この上に、高さ15~20mの煙突がそびえていました。

 

当時としては、大きな施設だったんだね~。

 

 

傾斜させた石組みの上に、燃焼室がありました。

 

そして、寺山で造られた白炭を燃やし、鉄を溶かしました。

 

 

関連記事

 

 

燃焼室(炉床)の溝

燃焼室(炉床)の溝

ちなみに燃焼室にある、この溝が何か分かります?

 

うーん、何だろ?

 

 

反射炉跡の基礎部分の通気口

基礎部分の通気口

再び、基礎部分を見てみましょう。

こちらの通気口は、燃焼室の溝と内部で繋がっています。

湿気を外に逃がすための工夫です。

 

湿気対策に、力を入れていたんだね。

 

 

現在の反射炉跡は、実は2号炉の遺構です。

 

1号炉は湿気がこもり、鉄を溶かす温度まで上がりませんでした。

 

そのため、耐火レンガがボロボロと崩れ落ち、失敗に終わります。

 

そのため2号炉は、1号炉の失敗を踏まえて建造されました。

 

 

耐火レンガ

反射炉跡の階段周辺

階段周辺

ついでに、通気口近くの階段を見て下さい。

何か埋まっているのが見えませんか?

 

 

反射炉跡周辺の耐火レンガ

耐火レンガ

黄色と白の交じった石があるね。

これは、何?

 

これは、2号炉内部で使用された、耐火レンガです。

 

 

1号炉の耐火レンガは、品質が悪いものでした。

 

そのため、2号炉の耐火レンガは上質な天草の土を使い、薩摩焼の陶工が造りました。

 

また、反射炉内部で耐火レンガをアーチ状に組むため、石橋の技術者も建造に関わりました。

 

仙巌園隣の尚古集成館に、当時の耐火レンガが展示されています。

 

 

関連記事

 

 

反射炉跡碑

反射炉跡の反射炉跡碑

反射炉跡碑

最後に紹介するのが、反射炉跡碑。

反射炉建造に携わった人々の名が、裏に刻まれています。

 

どういう人達が、関わったの?

 

 

もっとも著名な人物が、明治政府で外務卿となった寺島宗則

 

その他、元治元年(1864年)の禁門の変で活躍した中原猶介も、反射炉建造に携わりました。

 

 

 

 

反射炉跡(鹿児島市)の歴史

建造

そもそも、どうして反射炉を造らなきゃいけなかったの?

 

天保11年(1840年)~天保13年(1842年)のアヘン戦争で、清がイギリスに敗れ、香港が割譲されました。

情報をいち早く入手した斉彬は藩主就任後、海防強化のため、大型鉄製大砲の製造に着手します。

そのために、反射炉が必要でした。

 

 

当時主流の青銅製大砲は高価で、領内にくまなく配備しようとすれば、莫大な資金が必要でした。

 

また、青銅製の大型大砲を造ること自体が、当時の鋳造技術では不可能でした。

 

そこで大型大砲を製造可能で、かつ安価であったで鋳造するため、反射炉が建造されたのです。

 

 

焼失・世界遺産登録

反射炉模型

反射炉模型

こうして、反射炉での大砲製造が始まりました。

しかし、安政5年(1858年)の斉彬の急死により、集成館事業が縮小されます。

反射炉も、その余波を受けました。

 

Oh......。

 

 

そして、文久3年(1863年)の薩英戦争で、焼失してしまいます。

 

時が下った平成27年(2015年)、明治日本の産業革命遺産として、基礎部分が世界遺産に登録されました。

 

 

反射炉跡(鹿児島市)のアクセス・駐車場・料金

営業時間 午前8時30分~午後5時30分
休園日 年中無休
場所 鹿児島市吉野町9700-1
料金 大人・高校生以上1,000円
尚古集成館と共通
小中学生500円
尚古集成館と共通
駐車場 1日300円
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で20分
まち巡りバス
仙巌園前から下車すぐ
カゴシマシティビュー
仙巌園前から下車すぐ
電話 099-247-1551
HP 仙巌園

 

 

反射炉跡(鹿児島市)の地図

 

反射炉跡(鹿児島市)の総評

反射炉をより深く知りたい方は、仙巌園の園内ガイドツアーを申し込むと良いでしょう。

料金も1人300円と、お得です。

 

話を聞いてみよーっと♪

 

 

 

 

楽天トラベルをチェック

 

 

 

監修:仙巌園

参考文献はこちら

-磯エリア
-, ,

Copyright© KAGOPIC , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.