河野主一郎誕生地

更新日:

河野主一郎誕生地

河野主一郎誕生地

 

河野主一郎って、だーれ?

 

西郷隆盛の墓がある、南洲墓地を整備した人物です。

 

 

河野主一郎誕生地は、鹿児島市高麗町にあります。

 

当記事では、河野と西南戦争の関わりを紹介します。

 

 

河野主一郎と西南戦争

密偵捕縛

陸軍火薬庫跡

陸軍火薬庫跡

明治10年(1877年)、西郷が創設した私学校の生徒が暴発し、草牟田の陸軍火薬庫を襲撃しました。

 

ふむふむ。

 

 

一報を聞いた河野は、私学校幹部の篠原国幹などと、対応を協議。

 

暴発を抑えず、あえて泳がせていた政府密偵を逮捕することにしました。

 

 

関連記事をチェック

 

 

西郷軍編成

逮捕された密偵は、拷問の末、西郷暗殺を自白します。

 

拷問による自白か~。

 

 

これにより西郷は、出兵上京を決意。

 

河野は部隊編成を行い、みずから五番大隊一番小隊長に就きました。

 

 

西郷助命

熊本での戦いに端を発した西南戦争は、西郷軍の連戦連敗。

ついに鹿児島へ戻ってくるも、本営を敷いた城山は、政府軍5万人に包囲されました。

 

あちゃー......。

 

 

そこで河野は、西郷の命だけも助けようと、参軍・川村純義に面会します。

 

しかし、交渉は不調に終わり、河野は捕虜となりました。

 

 

三州社設立

戦後、懲役10年の判決を受けましたが、特赦によって4年で出獄。

鹿児島に帰ってきました。

 

その後は、どうしたの?

 

 

河野は、西郷軍の残党と三州社を設立し、社長に就任します。

 

三州社は、会員の互助と士族授産を目指した結社でした。

 

また、教育機関として三州義塾を併設。

 

西郷の子、寅太郎も学びました。

 

 

南洲墓地整備

南洲墓地

南洲墓地

南洲墓地

南洲墓地

くわえて、西南戦争による西郷軍戦没者の遺骨収集も行い、南州墓地の整備に力を注ぎました。

 

河野は西郷軍の生き残りだったから、使命感を持って取り組んだかもね。

 

 

河野が集めた遺骨の数は、約1800名にも上りました。

 

こうして終戦6年後の明治16年(1883年)、南洲墓地は現在の形になりました。

 

 

関連記事をチェック

 

 

河野主一郎誕生地のアクセス・駐車場・料金

営業時間 自由
場所 鹿児島高麗町25-2
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で5分
鹿児島中央駅から徒歩10分
まち巡りバス
維新ふるさと館から徒歩5分
カゴシマシティビュー
維新ふるさと館前から徒歩5分

 

 

河野主一郎誕生地の地図

→ Googleマップの大きな地図で見る

 

 

河野主一郎誕生地の総評

南洲墓地の整備が終わった翌年、政府から官途の誘いを受け、河野は上京しました。

 

整備に一区切りついて、肩の荷が下りたかもね。

 

 

楽天トラベルをチェック

 

 

 

 

 

-鹿児島中央駅エリア
-, , , ,

Copyright© KAGOPIC , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.