中央地区 南林寺町

迫田利済の墓

更新日:

迫田利済の墓

迫田利済の墓

迫田利済(さこだとしなり)さんって、どういうお人だったのですか?

 

西郷隆盛の初めて上司で、非常に気骨のある武士でした。

 

迫田利済のお墓は、鹿児島市南林寺町の南林寺由緒墓にあります。

 

この記事では、迫田と西郷の交わりについて、ご紹介します。

 

関連記事

 

迫田利済と西郷隆盛の交わり

南林寺由緒墓の全景

南林寺由緒墓全景

 

出会い

弘化元年(1844年)、59才の迫田に、18才の西郷が部下として配属されます。

 

40才以上も離れていたんですね!

 

迫田は農民の事を第一に考える豪傑で、各地で不正を働いた村役人を罰するなど、当時の薩摩では珍しい侍でした。

 

のちの西郷隆盛の農業や農民に対する考え方は、迫田の影響によるものと言っても、過言ではありません。

 

西郷の役職

郡奉行の迫田の下で、西郷は郡方書役助(こおりかたかきやくたすけ)として働きました。

 

郡方書役助?

 

郡方とは、農村を巡回して調査を行い、年貢などの監督をする役所のこと。

 

書役は、文章の素案作り、記録、書写を担当する役職を指します。

 

一番最後のは、臨時職や見習いを意味し、貧しい下級武士のために藩が設けました。

 

押し入れで語り合う

武士の多い薩摩藩の農民の生活は苦しく、その姿を仕事を通して見ていた迫田自身も、貧しい生活を送っていました。

 

たとえば、どのような?

 

迫田の貧しさは、家に現れていました

 

壁は落ち、ひさしはやぶれ、雨漏りのする家に住んでいました。

 

ある雨の日、西郷が訪れた時には雨漏りがひどく、押し入れの中で語り合いました。

 

迫田の辞職

嘉永2年(1849年)は、天候不順などで、凶作の年でした。

しかし藩庁は、年貢の取立ては例年通りに行うよう厳達します。

 

それで、迫田さんは、どうなされたの?

 

「虫よ虫よ 五ふし草の根を断つな 絶たば己も共に枯れなん」

と、奉行所の壁に書き、辞職しました。

 

虫は藩庁、五ふし草は農民を指します。

 

島津斉彬による西郷抜擢の礎

そして、西郷も一緒に辞める決意をします。

 

では、西郷さんも役職を辞めたのですか?

 

迫田は西郷に、

「出世して藩を改革し、民百姓の暮らしを良くせよ」

と、職に留まるよう諭します。

 

西郷は辞職を思い留め、のちに農政改革などの意見書を、藩に多数提出します。

 

それら意見書が、藩主の島津斉彬の目に留まり、後に庭方役に抜擢されることになったのです。

 

営業時間・アクセス・料金など南林寺由緒墓(迫田利済の墓)の基本情報

  • 営業時間 / 自由
  • 場所 / 鹿児島市南林寺23
  • 料金 / 無料
  • 駐車場 / なし
  • アクセス① / 鹿児島中央駅より車10分
  • アクセス② / 松原小前バス停より徒歩3分

 

南林寺由緒墓(迫田利済の墓)の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

迫田利済の墓の総評

農民の事を第一に考えたお侍さんって、珍しいですね。

 

はい。

もっと世に知られていい人物と思います。

 

安政2年(1855年)9月21日、迫田は70才で亡くなります。

 

お墓の前面に彫られた戒名は、風松堂清山涼心居士

 

南林寺由緒墓に解説板は設置されていないので、戒名を手掛かりにお訪ねください。

 

墓の前面部分が今にも剥がれ落ちそうですが、家の壁が崩れても意に介さなかった、迫田らしい墓といえます。

 

パックツアーはこちら

 

-中央地区, 南林寺町
-,

Copyright© KAGOPIC! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.