中原猶介宅跡

更新日:

中原猶介宅跡

中原猶介宅跡

 

中原猶介って、何をした人物なの?

 

28代・島津斉彬が興した集成館事業を支えました。

また、幕末の禁門の変で、薩摩を勝利に導きました。

 

 

中原猶介宅跡は、鹿児島市上之園町の甲南高校にあります。

 

当記事では、中原の人生を簡単に紹介します。

 

 

関連記事をチェック

 

 

中原猶介の人生

誕生・蘭学

天保3年(1832年)、中原は薩摩藩士・尚道の次男として生まれました。

 

ふむふむ。

 

 

少年の頃から英才で、蘭学を独学するほど。

 

藩に出仕後は、長崎出張中に蘭学を研究するなど、西洋知識の吸収に貪欲でした。

 

 

集成館事業

磯工芸館

磯工芸館

中原の英才ぶりは、やがて斉彬の目に留まります。

嘉永4年(1851年)、斉彬はガラス細工職人の四元亀次郎に、紅ガラスの製造を命令。

宇宿彦右衛門と中原が、実験・製造を手伝いました。

 

何でまた、斉彬は紅ガラスの製造を命じたの?

 

 

斉彬は、紅ガラスを工芸品に高めて輸出し、その富で国を豊かにしようと考えていました。

 

製造実験は、数100回を経て成功。

 

カッティングされた紅ガラスは、薩摩切子として人々を魅了しました。

 

 

関連記事をチェック

 

 

反射炉跡

反射炉跡

嘉永5年(1852年)、仙巌園で反射炉1号炉の建設が着手されます。

反射炉は、鉄製の大砲造りに欠かせない施設。

中原は、掛員として携わりました。

 

頼りにされてる~。

 

 

しかし建設途中に炉が傾き、支柱を立てて補正するも、今度は反対側に傾きます。

 

翌年の嘉永6年(1853年)に完成するも、内部の耐火レンガがボロボロに崩れ落ち、失敗に終わりました。

 

 

関連記事をチェック

 

 

造船所跡

造船所跡

安政元年(1854)年、中原は仙巌園に程近い造船所で、蒸気船の建造を命じられます。

当時、詳細な蒸気機関の設計図は、薩摩にありませんでした。

 

つまり、ほぼゼロの状態から造ろうとしたんだね。

 

 

翌年の安政2年(1855年)、蒸気船が完成。

 

試運転が行われます。

 

しかし不具合に見舞われ、こちらも失敗に終わりました。

 

 

砲術家

安政5年(1858年)、斉彬が突然この世を去ります。

集成館事業は縮小され、中原は失職。

その後は江戸の江川坦庵の塾に入り、砲術家になりました

 

蘭学者から砲術家に転身か~。

天才は、何でも出来るね。

 

 

文久3年(1863年)の薩英戦争では、病気のため参戦できませんでした。

 

しかし、戦後すぐに自宅で砲術塾を開き、村田新八川村純義辺見十郎太らを指導しました。

 

 

関連記事をチェック

 

 

禁門の変(蛤御門の変)

元治元年(1864年)、長州藩が勢力巻き返しを図って京に進軍。

これにより、禁門の変(蛤御門の変)が勃発しました。

対立関係にあった薩摩は、長州相手に苦戦します。

 

大変だー!

 

 

そこへ海軍操練所の塾生と中原が、長州の背後に回り込んで砲撃。

 

長州は大打撃を受けて敗走し、薩摩はこの戦いに勝利しました。

 

 

戊辰戦争・戦死

慶応4年(1868年)の鳥羽伏見の戦いでは、会津藩と新選組を大砲で撃退。

薩摩にとって、中原はなくてはならない軍人になっていました。

 

あの新選組を!

 

 

しかし 戊辰戦争における北越戦争で、銃弾が右膝を貫通しました。

 

助からないと悟った中原は、治療を拒否。

 

37才の若さで亡くなりました。

 

 

中原猶介宅跡のアクセス・駐車場・料金

立入時間 不規則
場所 鹿児島市上之園町24-23
料金 無料
駐車場 あり
アクセス 鹿児島空港から車で35分
鹿児島中央駅から車で5分
鹿児島中央駅から徒歩15分
まち巡りバス
鹿児島中央駅から徒歩15分
カゴシマシティビュー
鹿児島中央駅から徒歩15分
電話 甲南高校
099-254-0175

 

 

中原猶介宅跡の地図

→ Googleマップの大きな地図で見る

 

 

中原猶介宅跡の総評

平日は、授業が行われます。

そのため石碑を訪れるのは、土日祝日が良いでしょう。

また、事前の電話連絡もお忘れなく。

 

今のご時世、無断進入は怒られるので気を付けて~。

 

 

中原は、集成館事業のほぼ全てに関わったと言われています。

 

西郷隆盛と並ぶ、斉彬の秘蔵っ子でした。

 

 

 

 

楽天トラベルをチェック

 

 

 

 

 

-鹿児島中央駅エリア
-, , , , , , , , ,

Copyright© KAGOPIC , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.