鹿児島市北部エリア

桂久武の墓|アクセス・駐車場・料金

投稿日:2018年7月18日 更新日:

桂久武の墓

桂久武の墓

 

桂久武って、だーれ?

 

西郷隆盛の生涯の盟友で、薩摩藩家老を務めました。

 

 

桂久武の墓は、鹿児島市上竜尾町の南洲墓地にあります。

 

当記事では、桂の人生を簡単に紹介します。

 

 

桂久武の墓 関連記事

 

 

\いっぺこっぺはKAGOPICを応援しています/

▲グルメ・旅行先レビューも不定期更新中!▲

桂久武の人生

誕生・養子入り

天保元年(1830年)、は島津家庶流の1つ、日置島津家の五男として生まれました。

 

ふむふむ。

 

 

安政2年(1855年)の26才の時、同じく島津家庶流の桂家に養子入りします。

 

これより桂姓となり、同家を継ぐことになりました。

 

 

大島守衛方

文久元年(1861年)、国父・島津久光による門閥政治打破の影響で、閑職の大島守衛方に配転されます。

 

名前からして、奄美大島の警護役だね。

 

 

赴任直前、奄美に身を隠していた西郷が、薩摩に帰藩します。

 

は、西郷から島妻・愛加那の世話を託され、その期待に応えました。

 

 

家老就任

元治元年(1864年)、は帰藩し、大目付に就任します。

そして慶応元年(1865年)、家老に昇格しました。

 

 

奄美大島の警護役から家老に昇格って、異例だね。

 

 

大目付・家老昇格には、薩摩藩の事実上の宰相、小松帯刀の働きがありました。

 

桂中心の政治派閥・日置派と、大久保利通中心の精忠組派をまとめ、藩内融和を図るためでした。

 

 

参事

明治2年(1869年)、西郷伊地知正治と、藩の参政に就きます。

そして、上級階級の禄高削減など、藩政改革を実行しました。

 

桂みずから身を削ったんだね。

 

 

西南戦争・戦死

しかし、明治10年(1877年)2月に、西南戦争が始まります。

は、西郷から出兵を誘われましたが、首を縦には振りませんでした。

 

桂なりに、考えがあったんだろうね。

 

 

しかし、西郷軍出立を見送っていた途中で翻意し、そのまま合流。

 

大小荷駄隊の隊長を務め、武器・兵糧の手配を担いました。

 

また、弓矢を用いて戦ったと言われています。

 

 

桂久武の墓

桂久武の墓

 

しかし、西郷軍は敗走を重ね、明治10年(1877年)9月24日、戦争最終日に城山で被弾し、は亡くなりました。

その後、名誉が回復され、大正5年(1916年)に、従五位が追贈されました。

 

とても立派なお墓だね。

 

 

桂久武の墓のアクセス・駐車場・料金

営業時間 自由
場所 鹿児島市上竜尾町2-1
料金 無料
駐車場 無料
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で10分
まち巡りバス
南洲公園入口から徒歩5分
カゴシマシティビュー
西郷南洲顕彰館前から下車すぐ

 

 

桂久武の墓の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

 

桂久武の墓の総評

の墓の後ろには、息子の久蒿も眠っています。

 

親子で戦死したんだね。

 

 

また周辺には、以下の観光スポットがあります。

 

 

こちらにも、ぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

 

人気記事 鹿児島市観光おすすめスポット

 

-鹿児島市北部エリア
-, , , , , , ,

Copyright© KAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.