観光スポット 鹿児島市北部の観光スポット

伊集院須磨の墓

投稿日:2018年2月24日 更新日:

読了予測:5分

伊集院須磨の墓

伊集院須磨の墓

伊集院須磨さんって、どういうお人だったのですか?

 

28代・島津斉彬の側室だった女性です。

 

伊集院須磨の墓は、鹿児島市池之上町の福昌寺跡にあります。

 

この記事では、伊集院須磨の後半生と、子供達について紹介します。

 

関連記事

 

伊集院須磨の後半生と子供達

5人の子供

須磨は、斉彬との間に

  • 篤之助
  • 暐姫(てるひめ)
  • 典姫(のりひめ)
  • 寧姫(やすひめ)
  • 哲丸

の2男3女を生みます。

 

子宝に恵まれたんですね。

 

しかし、嘉永2年(1849年)6月、篤之助が死去します。

 

これをきっかけに、お由羅騒動が勃発しました。

 

島津斉彬の死

島津斉彬の墓

島津斉彬の墓

また、安政5年(1858年)7月16日には、斉彬を亡くします。

 

頼りのお殿様を亡くして、心細かったでしょうね。

 

斉彬は逝去前日、

 

  • 哲丸を島津久光の長男・島津忠義の仮養子にすること
  • 島津忠義を暐姫の婿養子にすること

 

を遺言します。

 

こうして哲丸が、将来の藩主候補となりました。

 

関連記事

 

哲丸の死

哲丸の墓

哲丸の墓

しかし、翌安政6年(1859年)1月、哲丸が3才で病死します。

 

不幸が続きますね......。

 

斉彬は、他の男子もすべて夭折していたため、哲丸の死をもって、斉彬の直系男子が藩主に就く可能性は、なくなりました。

 

暐姫の死

常安峰の暐姫の墓

暐姫の墓

元治元年(1864年)、斉彬の遺言にもとづき、忠義と暐姫が結婚します。

 

ようやく明るい話題ですね。

 

しかし、明治2年(1869年)5月24日、暐姫も病で亡くなります。

 

身内を相次いで亡くした須磨は、翌明治3年(1870年)3月24日、病没しました。

 

伊集院須磨の墓の基本情報

【時】 自由
【所】 鹿児島市池之上町24
【料】 無料
【駐】 駐車スペースあり
【交】 鹿児島中央駅から車で15分
まち巡りバス 南洲公園入口から徒歩10分
カゴシマシティビュー 今和泉島津家本邸跡前から徒歩10分

 

伊集院須磨の墓の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

伊集院須磨の墓の総評

福昌寺跡(島津家墓地)の案内図

福昌寺跡(島津家墓地)の案内図

理由は不明ですが、福昌寺跡(島津家墓地)の案内図に、須磨の墓は記載されていません。

写真中央『大隅6代氏久』の墓近くにあります。

神号の『和霊徳壽姫之命』が、目印です

 

ところで、残された典姫さんと寧姫さんは、その後どういう人生を歩まれたのですか?

 

寧姫は、明治3年(1870年)に忠義の後妻となりました。

 

しかし、明治12年(1879年)5月24日に亡くなります。

 

典姫は、忠義の弟・珍彦(うずひこ)に嫁つぎ、5人の子供を生みました。

 

なお、周辺には

 

 

などの観光スポットがあります。

 

こちらにも、是非どうぞ。

 

 


 

follow us in feedly

 

歴史スポット記事の参考文献は、こちら。

 

関連記事

 

記事の内容、事実と少し違いますよ。

 

と、お気付きの方は、上記SNSのダイレクトメッセージ、もしくはお問い合わせページより(こっそり優しく)教えてくださいませ。

 

歴史スポットの場合、参考文献と掲載ページを御提示いただくと、大変助かります。

 

関連記事

-観光スポット, 鹿児島市北部の観光スポット
-, , , , , , , , , ,

Copyright© KAGOPIC 鹿児島市観光ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.