鹿児島駅エリア

前田正名ゆかりの地(八木称平屋敷跡)

前田正名ゆかりの地(八木称平屋敷跡)

前田正名ゆかりの地(八木称平屋敷跡)

 

前田正名って、だーれ?

 

明治時代の地方産業振興に、生涯の大半を捧げた人物です。

 

 

前田正名ゆかりの地(八木称平屋敷跡)は、鹿児島市小川町にあります。

 

この記事では、正名の人生を簡単に紹介します。

 

 

前田正名の人生

誕生・少年時代

開成所跡

開成所跡

 

嘉永3年(1850年)、正名は薩摩藩の漢方医、善安の末子として生まれました。

 

ふむふむ。

 

 

安政5年(1858年)、9才の正名は、医者である八木称平の屋敷に住み込み、八木主催の蘭塾に入ります。

 

元治元年(1864年)、塾はエリート養成機関の開成所となり、慶応元年(1865年)、イギリスに選抜生徒を留学させることになりました。

 

 

 

 

長崎留学・英和辞典発行

薩摩辞書之碑

薩摩辞書之碑

 

開成所生徒だった16才の正名は、留学を希望するも、メンバーから漏れます。

しかし熱意を買った藩は、長崎への藩費留学を許可。

当地で英語を学びました。

 

外国に憧れてたんだね~。

 

 

そして兄・前田献吉と、その友人・高橋新吉と共同で、留学資金獲得のために、英和辞書を編纂。

 

明治2年(1869年)に完成後、大久保利通に政府名義で買い取ってもらい、その利益でフランスへ留学しました。

 

余談ですが、この編纂を讃えた『薩摩辞書之碑』が、鹿児島市の鶴丸城二ノ丸に建っています。

 

 

 

 

フランス留学・パリ万博

 

フランスでは通学のかたわら、公使館の事務にあたりました。

また、フランス農商務省に出入りし、農業経済の知識を吸収。

この経験が、後の人生に大きな影響を与えました。

 

ほほ~。

 

 

明治11年(1876年)のパリ万博では、日本の事務次官長に就任。

 

日本庭園の造成を発案したほか、演劇「日本美談」の脚本を執筆します。

 

フランス人俳優に演じさせ、大変好評を得ました。

 

 

興業意見の編集

 

しかし、帰国から数年経った明治17年(1884年)、大蔵卿・松方正義によるデフレ政策の不況が、ピークに達します。

農産物の価格が下落し、地方は大打撃を受けました。

 

当時の正名は、何をしてたの?

 

 

農商務省の大書記官だった正名は、地方調査を実施して、『興業意見』全30巻を編纂。

 

地方産業振興を優先するよう、主張します。

 

しかし、重工業路線を優先する大蔵省や松方の抵抗に遇い、実現したのは、ほんのわずかでした。

 

 

地方産業振興運動

 

その後、正名は『興業意見』を発展させた、『農務提要』『施設要領』をまとめます。

しかし、人間関係や思想で対立していた農商務相・陸奥宗光に追放され、地方産業振興は、再び頓挫。

そこで正名は、産業振興を生産者に直接啓発する、全国行脚を始めました。

 

啓発は、上手くいったの?

 

 

当初は全く反応がありませんでしたが、やがて蚕糸や茶業など、全国に12の農工商団体が結成されました。

 

団体は品評会を開催し、生産物の品質を向上させます。

 

また、全国大会も毎年開き、建議を政府や議会に提出。

 

これにより、地方産業振興の関連法や制度、施設が具体化されました。

 

 

死去

 

また、北海道釧路の製紙事業や、宮崎県山田の開田事業にも着手。

農工商発展を生涯唱え、大正10年(1921年)、72才で亡くなりました。

 

ゆかりの地の石碑に刻まれているように、まさに農政の功労者だったんだね。

 

 

前田正名ゆかりの地(八木称平屋敷跡)のアクセス・駐車場・料金

営業時間自由
場所鹿児島市小川町19
料金無料
駐車場なし
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で10分
まち巡りバス
かごしま水族館前から徒歩5分
カゴシマシティビュー
鹿児島駅前から徒歩3分

 

 

前田正名ゆかりの地(八木称平屋敷跡)の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

 

前田正名ゆかりの地(八木称平屋敷跡)の総評

 

肌着メーカーとして有名なグンゼは、創業者の波多野鶴吉が、行脚中だった正名の演説に感銘を受けて、設立したんですよ。

 

へーっ!

 

 

関連サイトをチェックする

 

 

 

 

 

 

参考文献はこちら

 

 

 

 

 

 

-鹿児島駅エリア
-, , , , , , , , ,

© 2020 KAGOPIC Powered by AFFINGER5