鹿児島市の観光スポット 鹿児島市南部の観光スポット

天保山砲台跡

投稿日:2018年6月14日 更新日:

読了予測:7分

天保山砲台跡

天保山砲台跡

天保山砲台跡って、実際に戦闘で使われたの?

 

はい。

有名な薩英戦争は、天保山砲台からの砲撃で始まったんですよ。

 

天保山砲台跡は、鹿児島市天保山町にあります。

 

この記事では、砲台跡の概要と歴史を紹介します。

 

天保山砲台跡関連記事

 

天保山砲台跡の概要

出入口

天保山砲台跡の出入口

出入口

砲台跡は、天保山公園の中にあります。

まずは、公園出入口から歩いて行きましょう。

 

はーい。

 

松林

天保山砲台跡がある松林

松林

出入口から、海のある東側に歩いて行くと、松林が見えてきます。

この中に、砲台跡があります。

 

出入口から、1分の距離だっだね。

 

天保山砲台跡の標識

標識

松林のに、砲台跡の大きな標識が立っています。

この標識の左奥に、もう1つ標識が見えますよね?

あそこまで、行ってみましょう。

 

いよいよだね~。

 

砲座

天保山砲台跡の砲座

砲座

標識の下に、円状に組まれた複数の石が並んでいます。

こちらは、砲座です。

 

へーっ、初めて見る石組み!

 

天保山砲台跡の砲座

砲座

天保山砲台跡には、砲座が2つあります。

松林を散策すると、もう1つの砲座を見つける事が出来ますよ。

 

あっ、あった!

ウロウロするの、大事だね(笑)

 

この円状の砲座は、当時最新のキスト砲架のために設置されました。

 

しかし、薩英戦争絵巻の天保山砲台に、キスト砲架や円状の砲座は描かれていません。

 

そのため、これらの砲座は戦後に整備されたものと考えられます。

 

胸墻石垣

天保山砲台跡の胸墻石垣

胸墻石垣

こちらは、胸墻(きょうじゅん)石垣と呼ばれるもの。

敵艦からの砲弾を防ぎ、味方の砲射を援護するために築かれました。

 

なるほど~。

戦争中は、この石垣に隠れて、イギリスの砲弾から身を守ったかもね。

 

天保山砲台跡の歴史

埋め立て

この地は元々、すぐ横を流れる甲突川の河口付近でした。

幕末時、河口は度重なる洪水によって土砂で覆われ、スムーズに流れない状態でした。

 

つまり、河口に溜まった土砂のせいで、さらに洪水が起きやすくなる悪循環に陥ってたんだね。

 

そこで家老の調所広郷は、河口の土砂を取り除いて広げる事業に着手しました。

 

その土砂置き場が、やがて大きな埋立地になり、天保年間に完成します。

 

そのため、この地が天保山と呼ばれるようになりました。

 

砲台設置

嘉永3年(1850年)、藩主・島津斉興は、この天保山に砲台を設置し、大砲を置きます。

これが、天保山砲台の始まりです。

 

なるほど。

でも、どうして砲台を?

 

実は当時、薩摩藩の占領下にあった琉球に、イギリスやフランス艦隊が何度も来航し、開国を求めていました。

 

島津斉興は、これら海外の脅威に対抗するため、天保山のほか複数の場所に砲台を設置したのです。

 

薩英戦争

文久3年(1863年)、横浜で起きた生麦事件の賠償等を求め、イギリス艦隊が鹿児島湾に来航しました。

しかし、薩摩側は要求を拒否。

話し合いは、平行線を辿りました。

 

薩摩側も言い分があるだろうから、そう簡単には飲めないよね。

 

そこでイギリス側は、交渉を有利に進めるため、薩摩藩の汽船3隻を拿捕。

 

薩摩藩は、これを宣戦布告と捉えます。

 

各砲台に砲撃の命を下し、天保山砲台からの発射を以って、薩英戦争が始まりました。

 

天保山砲台跡の基本情報

【時】 自由
【所】 鹿児島市天保山町14-15
【料】 無料
【駐】 なし
【交】    鹿児島中央駅から車で10分
共月亭前バス停から徒歩1分

 

天保山砲台跡の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

天保山砲台跡の総評

ちなみに薩英戦争により、天保山砲台も大砲も、ほぼ破壊されました。

 

やっぱり、当時のイギリス艦隊の威力は凄かったんだねえ。

 

この後、薩摩藩はイギリスと和解し、友好関係を結びます。

 

藩内に攘夷の風は止み、開国を是とする考えが広まりました。

 

また、周辺には

 

 

などの観光スポットがあります。

 

こちらにも、是非どうぞ。

 

 

周辺の宿は、こちら。

 

ベストウェスタン レンブラントホテル鹿児島リゾート

SNS

 


 

follow us in feedly

 

参考文献

歴史スポット記事の参考文献は、こちら。

 

関連記事

 

お問い合わせ

記事の内容、事実と少し違いますよ。

 

と、お気付きの方は、上記SNSのダイレクトメッセージ、もしくはお問い合わせページより(こっそり優しく)教えてくださいませ。

 

歴史スポットの場合、参考文献と掲載ページを御提示いただくと、大変助かります。

 

関連記事

-鹿児島市の観光スポット, 鹿児島市南部の観光スポット
-

Copyright© KAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.