鹿児島駅エリア

桐野利秋の墓

桐野利秋の墓

桐野利秋の墓

 

桐野利秋って、西南戦争で亡くなったんだよね。

 

ですです。

明治10年(1877年)9月24日に戦死しました。

 

 

桐野利秋の墓は、鹿児島市上竜尾町の南洲墓地にあります。

 

この記事では、桐野利秋の最期を紹介します。

 

 

桐野利秋の最期

総攻撃前夜

西郷隆盛洞窟

西郷隆盛洞窟

 

明治10年(1877年)9月23日の夜、西郷軍による別れの宴が、城山の洞窟で催されました。

翌朝の総攻撃を、政府軍が予告したためです。

 

みんな、死を覚悟しただろうね。

 

 

同じ頃、桐野は従僕の清吉に佩刀〈綾小路定利〉を預け、最後の様子を家族に伝えるよう命じました。

 

しかし当時の西郷軍は、政府軍に包囲されており、とても脱出できません。

 

そこで清吉は、地中に刀を埋め、総攻撃の最中、大樹の上で身を潜めることにしました。

 

 

関連記事

 

 

西郷の死

西郷隆盛終焉の地

西郷隆盛終焉の地

 

明治10年(1877年)9月24日の午前4時頃、政府軍による総攻撃が始まりました。

桐野は、西郷隆盛、村田新八、別府晋介らと、大保塁のある岩崎口まで下り、最後の決戦に挑むことにしました。

 

いよいよ、終局が近づいたんだね。

 

 

しかし、駕籠に乗っていた西郷が、腹と股に被弾し、起き上がれなくなります。

 

西郷は

 

「もう、ここらでよか」

 

と述べ、桐野たちが見守るなか、別府に介錯されました。

 

 

 

 

桐野の死

南洲墓地

南洲墓地

 

その後、大保塁に辿り着いた桐野は、小銃を発射し続けます。

そこでは、ほぼ外すことなく敵兵を倒しました。

 

銃の腕も、かなりのものだったんだね。

 

 

しかし、最期は右額に被弾。

 

一説には、撃たれた後に短刀で自ら喉を突いたと言われています。

 

遺体は、旧浄光明寺(現在の南洲墓地)に仮埋葬された後、現在の墓が建てられました。

 

 

関連記事

 

 

桐野利秋の墓のアクセス・駐車場・料金

営業時間 自由
場所 鹿児島市上竜尾町2-1
料金 無料
駐車場 無料
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で10分
まち巡りバス
南洲公園入口から徒歩5分
カゴシマシティビュー
西郷南洲顕彰館前から下車すぐ

 

 

桐野利秋の墓の地図

→ Googleマップの大きな地図で見る

 

 

桐野利秋の墓の総評

桐野利秋の墓

桐野利秋の墓

 

ちなみに、旧暦の誕生日にあたる12月2日には、ファンの方によって、お花が盛大に飾られます。

 

すごーい!

 

 

なお、政府軍が去ったあと、従僕の清吉は刀を掘り出し、桐野の遺族に届けました。

 

そして大正5年(1916年)、正五位が追贈され、桐野の賊名が晴れました。

 

 

 

 

楽天トラベルをチェック

 

 

 

 

 

 

参考文献はこちら

 

 

 

 

 

 

-鹿児島駅エリア
-別府晋介, 村田新八, 桐野利秋, 清吉, 西郷隆盛

© 2020 KAGOPIC Powered by AFFINGER5