観光スポット 鹿児島市北部の観光スポット

島津斉興の墓

投稿日:2018年4月26日 更新日:

読了予測:7分

福昌寺跡にある島津斉興の墓

島津斉興の墓

島津斉興って、どなた?

 

あの幕末の名君、島津斉彬の父親です。

 

島津斉興の墓は、鹿児島市池之上町の福昌寺跡にあります。

 

この記事では、島津斉興の生涯を紹介します。

 

関連記事

 

島津斉興の生涯

誕生

寛政3年(1791年)11月6日、26代・島津斉宣の長男として、斉興は江戸で生まれました。

 

江戸時代、大名の妻子は人質として江戸に住むのが基本だったんだよね。

 

近思録崩れ

ShimazuShigehide.jpg

文化2年(1805年)~文化4年(1807年)、父・斉宣は樺山主税と秩父太郎を登用。

前藩主・島津重豪の開化政策によって悪化した藩財政の立て直しを図ります。

その頃の藩の負債額は、約126万両でした。

 

そりゃ、なんとかしないとねー。

 

横山・秩父の2人は、緊縮政策などの藩政改革を行いました。

 

しかし、重豪の政策の否定に繋がり、当人の逆鱗に触れます。

 

100名以上が罰っせられ、横山・秩父は切腹、斉宣は強制隠居となりました。

 

藩主就任

文化6年(1809年)、父・斉宣の強制隠居に伴い、斉興は藩主に就任します。

後見役は、祖父・重豪でした。

 

ということは、藩の権限は重豪が握っていたんだね。

 

財政再建

しかし、藩の負債は膨らみ続け、ついには借金が500万両、利払いが年60万両に達する寸前となりました。

そこで祖父・重豪は、琉球口貿易で着実に利益を出した調所広郷を、財政改革主任に抜擢しました。

 

それで、どーなったの?

 

調所広郷の財政改革は軌道に乗り、重豪死後も斉興は、続行させます。

 

弘化元年(1844年)には、50万両が蓄えられるほど好転しました。

 

 

藩主に留まる

しかしこの頃、外国の脅威が迫りつつありました。

そこで、海外事情に明るい長男・島津斉彬の藩主就任を願う声が、藩内のみならず幕閣からも上がるようになります。

 

じゃあ、斉興は隠居したの?

 

長男の島津斉彬は、祖父・重豪の薫陶を受けて育ちました。

 

そのため、斉興は再度の財政悪化を懸念し、藩主に留まり続けました。

 

事実、斉彬の建てた海防計画は、多額の出費を伴うものでした。

 

お由羅騒動

お由羅屋敷

お由羅屋敷

そこで斉興は、もう1人の息子・島津久光の藩主就任を考えます。

そんな中、斉彬の子が次々と夭折。

斉興の側室で久光の母であるお由羅が呪詛したと、噂が立ちました。

 

お由羅にしてみれば、とばっちりだねー......。

 

斉彬支持者達は、お由羅の暗殺計画まで立てますが、これを藩庁が察知。

 

累は遠くまで及び、西郷隆盛の兄貴分であった赤山靱負は切腹。

 

大久保利通の父・次右衛門は、遠島となりました。

 

 

隠居

お由羅騒動に、斉彬本人は関わっていませんでした。

しかし、切腹・遠島・謹慎処分により、斉彬支持派は壊滅状態に陥りました。

そんな中、斉彬の藩主就任を願っていた幕府の老中・阿部正弘が、一計を案じます。

 

一計?

 

嘉永3年(1850年)2月、斉興は将軍・徳川家慶から、茶入を与えられます。

 

これは、

「隠居して茶でも楽しめ」

という意味です。

 

斉興は抗えず、ついに隠居しました。

 

死去

福昌寺跡の島津斉興の墓

島津斉興の墓

しかし、安政5年(1858年)7月16日、斉彬が亡くなります。

藩の実権を再び握った斉興は、斉彬が興した集成館事業を、大幅に縮小させました。

 

やっぱり斉興にとって、多額の出費を伴う事業は、容認できなかったんだろうね。

 

安政6年(1859年)9月12日、斉興は死去します。

 

享年69。

 

藩主就任を願った子の久光は、後に薩摩藩の実権を握り、倒幕を果たしました。

 

関連記事

 

 

島津斉興の墓の基本情報

【時】 自由
【所】 鹿児島市池之上町24
【料】 無料
【駐】 駐車スペースあり
【交】 鹿児島中央駅から車で15分
まち巡りバス 南洲公園入口から徒歩10分
カゴシマシティビュー 今和泉島津家本邸跡前から徒歩10分

 

島津斉興の墓の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

島津斉興の墓の総評

斉興といえば、斉彬と対立した父親として、ドラマや小説で描かれます。

しかし、斉彬の興した集成館事業は、斉興と調所の財政再建と備蓄金があったからこそ実現しました。

 

歴史は、多角的視点で見ないといけないねー。

 

なお、周辺には

 

 

などの観光スポットがあります。

 

こちらにも、是非どうぞ。

 

 


 

follow us in feedly

 

歴史スポット記事の参考文献は、こちら。

 

関連記事

 

記事の内容、事実と少し違いますよ。

 

と、お気付きの方は、上記SNSのダイレクトメッセージ、もしくはお問い合わせページより(こっそり優しく)教えてくださいませ。

 

歴史スポットの場合、参考文献と掲載ページを御提示いただくと、大変助かります。

 

関連記事

-観光スポット, 鹿児島市北部の観光スポット
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© KAGOPIC 鹿児島市観光ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.