観光スポット 鹿児島市北部の観光スポット

南洲墓地

投稿日:2018年5月11日 更新日:

読了予測:10分

南洲墓地

南洲墓地

南洲墓地って、西南戦争の西郷軍戦死者が眠ってるんだよね?

いつ、誰が整備したの?

 

まず戦後に、県令・岩村通俊が現在地に木標を建て、丁重に仮葬したのが始まりです。

その後、西郷軍生き残りの河野主一郎が、遺骨収集と墓地整備に尽力。

明治16年(1883年)、現在の形になりました。

 

南洲墓地は、鹿児島市上竜尾町にあります。

 

この記事では、墓地の概要と主な被葬者の墓を紹介します。

 

 

南洲墓地の概要

出入口

出入口

出入口

南洲墓地の出入口は、2ヶ所あります。

1つは、隣接する高台の駐車場。

もう1つは、下から昇る階段です。

 

えーっ、今回は階段を昇るのかー(笑)

 

まち巡りバスでお越しの場合、南洲公園入口で下車後、階段を昇る必要があります。

 

カゴシマシティビューの停留所は、高台駐車場にあり、階段を昇る必要がありません。

 

 

鳥居

鳥居

鳥居

階段を昇ると、鳥居があります。

西南戦争当時、鳥居は存在していませんでしたが、西郷ら諸将の遺体は、この付近に並べられ、検死を受けました。

 

そうなんだ~!

 

城山の麓で介錯された西郷の首も、この地に届けられました。

 

また、首のない胴体の右腕には、幼少期に受けた刀傷がありました。

 

これにより、西郷の死が正式に確認されました。

 

 

岩村県令記念碑

岩村県令記念碑

岩村県令記念碑

鳥居を抜けると、左側に岩村県令記念碑があります。

前述通り、岩村は戦争終結後すぐ、参軍・山県有朋と川村純義に許可を取り、西郷軍の遺体を仮埋葬しました。

 

それが、今の南洲墓地に繋がってるんだね~。

 

当時は、賊軍扱いだった西郷軍。

 

しかし、岩村は県民感情を重要視し、丁重に仮埋葬しました。

 

後年、英断を下した岩村に対する感謝の印として、記念碑が建立されました。

 

庄内柿

庄内柿

庄内柿

記念碑の隣に、庄内柿の木が植えられています。

昭和44年(1969年)11月7日、山形県鶴岡市より寄贈されました。

 

なんで、遠くの山形から?

 

明治元年(1868年)の戊辰戦争で、西郷は降伏した庄内藩に、寛大な処分を下しました。

 

これにより、 家老・菅実秀との交流が開始。

 

2人の縁を基に、鹿児島市と鶴岡市は兄弟都市となり、庄内柿が締結日に贈られました。

 

西郷隆盛の墓

西郷隆盛の墓

西郷隆盛の墓

ここから、南洲墓地に眠る主な人物の墓を紹介します。

まずは、言わずと知れた西郷隆盛の墓。

西郷軍の首領でした。

 

やっぱり、立派だね~。

 

墓石は、鹿児島市小野で採れた藤山石。

 

沖永良部流島時代からの盟友、川口雪篷が墓標を書きました。

 

2つの石灯籠には、それぞれ

 

  1. 遺愛不窮
  2. 其人如玉

 

と、彫られています。

 

 

桐野利秋の墓

桐野利秋の墓

桐野利秋の墓

桐野利秋は、西郷軍の作戦指揮を執った、事実上の総司令官でした。

戦争最終日、眉間を打ち抜かれて戦死。

墓石は白御影石で、派手好きだった夫のために、夫人の久が岡山から取り寄せました。

 

ちょっと赤いのは、お日様に長い間当たったからかな?

 

村田新八の墓

村田新八の墓

村田新八の墓

村田新八は、二番大隊長として西南戦争に出陣。

戦時中の会議前、西郷は村田がいるか必ず確認するほど信頼していました。

西郷の介錯を見届けた後、戦死したとも自刃したとも言われています。

 

書体を見ると、新八の墓標も、川口雪篷が書いたんだね。

 

桂久武の墓

桂久武の墓

桂久武の墓

桂久武は、西郷の幼馴染みでした。

西郷からの従軍依頼を断るも、出陣する西郷軍を見て翻意。

武器や兵糧の手配を担い、弓矢で戦うも、戦争最終日に被弾して戦死しました。

 

明治の時代に弓矢で戦ったのか~!

 

別府晋介の墓

別府晋介の墓

別府晋介の墓

別府晋介は、西郷を介錯した人物。

その後、弾雨のなか撃たれたとも、切腹したとも伝えられています。

 

大久保利通とは違う意味で、西郷を語る上で避けられない人物だね。

 

 

西郷小兵衛の墓

西郷小兵衛の墓

西郷小兵衛の墓

西郷の末弟・小兵衛は、熊本の高瀬川の戦いで、銃弾に胸を貫かれ、戦死しました。

遺言は

「兄に、先に逝ってすまぬと伝えてくれ。」

でした。

 

西郷の次弟・吉二郎は、戊辰戦争で戦死したんだよね。

弟2人に先立たれて、辛かっただろうな~。

 

 

市来宗介・宗五郎の墓

市来宗介の墓

市来宗介の墓

市来宗五郎の墓

市来宗五郎の墓

市来宗助と宗五郎は、西郷の妹・琴の子供でした。

宗助は、戦争最終日に捕縛され、斬首。

宗五郎は、熊本の山鹿で戦死しました。

 

Oh......。

 

大山辰之助の墓

大山辰之助の墓

大山辰之助の墓

西郷の妹・安子の長男だった、大山辰之助。

叔父・大山巌の軍と戦い、鹿児島の甲突川で戦死しました。

 

西郷の身内も、沢山戦死したんだね......。

 

村田岩熊の墓

村田岩熊の墓

村田岩熊の墓

村田新八の長男・岩熊は当初、伝令係でした。

しかし、父の命令で前線に赴き、熊本の植木で戦死しました

 

新八は、幹部の子供だから後方の伝令係を務めてると周囲に思われたくなくて、前線への赴任を命じたのかもね。

 

大山綱良の墓

大山綱良の墓

大山綱良の墓

最後に紹介するのが、大山綱良の墓。

大山は、戦争初期の鹿児島県令でした。

西郷軍に軍資金を提供し、

  • 兵器
  • 弾薬
  • 食料

を援助。

その罪で9月30日、長崎で斬首されました。

 

なるほど。

戦闘ではなく、後方支援の罪を問われたんだね~。

 

関連記事

 

南洲墓地の基本情報

【時】 自由
【所】 鹿児島市上竜尾町2-1
【料】 無料
【駐】 無料
【交】    鹿児島中央駅から車で10分
まち巡りバス 南洲公園入口から徒歩5分
カゴシマシティビュー 西郷南洲顕彰館前から下車すぐ

 

南洲墓地の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

南洲墓地の総評

全景

全景

本当は、あと20名程の墓を紹介したいんですけどね(笑)

今回は、最小限チェックすべき人物の墓に留めました、

 

ここはお墓なのに、なんだかとっても清清しい気分になるね。

不思議~。

 

なお、お隣の西郷南洲顕彰館で、墓石の位置を記した一覧表が、1枚200円で販売されています。

 

被葬者のお墓が何処にあるのか、すぐに分かるのでオススメです。

 

関連記事

 

また、周辺には

 

 

などの観光スポットがあります。

 

こちらにも、是非どうぞ。

 

 


 

follow us in feedly

 

歴史スポット記事の参考文献は、こちら。

 

関連記事

 

記事の内容、事実と少し違いますよ。

 

と、お気付きの方は、上記SNSのダイレクトメッセージ、もしくはお問い合わせページより(こっそり優しく)教えてくださいませ。

 

歴史スポットの場合、参考文献と掲載ページを御提示いただくと、大変助かります。

 

関連記事

-観光スポット, 鹿児島市北部の観光スポット
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© KAGOPIC 鹿児島市観光ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.