川口雪篷ゆかりの地

川口雪篷ゆかりの地

川口雪篷ゆかりの地

 

川口雪篷って、だーれ?

 

西郷隆盛が、沖永良部島で出会った書家です。

流罪人の2人は、意気投合。

雪篷は書を教え、西郷の書風に大きな影響を与えました。

 

 

川口雪篷ゆかりの地は、鹿児島市内に5ヶ所あります。

 

この記事では、すべてのスポットを紹介します。

 

 

川口雪篷ゆかりの地

西郷南洲翁宅地跡

西郷南洲翁宅地跡

西郷南洲翁宅地跡

 

慶応元年(1865年)、雪篷は罪を許され、先に帰藩していた西郷の家に居候します。

この頃の西郷は、妻・糸と新婚生活を始めたばかりでした。

 

そのタイミングで居候したんだ(笑)

 

 

実はこの2人、先に帰藩した方が後から帰藩した方を養う約束をしていました。

 

西郷は約束を守り、雪篷は執事のような立場で働きました。

 

 

 

 

営業時間自由
場所鹿児島市上之園町10-13
料金無料
駐車場なし
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で3分
鹿児島中央駅から徒歩5分
まち巡りバス
維新ふるさと館前から徒歩5分
カゴシマシティビュー
維新ふるさと館前から徒歩3分

 

 

 

 

西郷武屋敷跡

南洲翁使用の井戸

南洲翁使用の井戸

 

明治2年(1869年)、西郷一家は武村に引っ越します。

雪篷は一家の子息の先生となり、学問を教えました。

 

頼りにされてたんだね。

 

 

関連記事

 

 

営業時間自由
場所鹿児島市武2丁目28-7
料金無料
駐車場なし
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で3分
鹿児島中央駅から徒歩5分
まち巡りバス
鹿児島中央駅から徒歩10分
カゴシマシティビュー
鹿児島中央駅から徒歩10分

 

 

 

 

西郷南洲野屋敷跡

西郷南洲野屋敷跡

西郷南洲野屋敷跡

 

明治10年(1877年)に西南戦争が始まると、一家は武村を出て避難します。

西別府の屋敷で静かに暮らしながら、雪篷は子供たちへ教育を続けました。

 

大変ななか、雪篷は立派に育てようとしたんだね。

 

 

 

 

営業時間自由
場所鹿児島市西別府町2790
料金無料
駐車場なし
アクセス鹿児島空港から車で35分
鹿児島中央駅から車で15分
鹿実前バス停から徒歩5分

 

 

 

 

南洲墓地

南洲墓地

南洲墓地

 

西南戦争終結後、西郷の仮埋葬地が、新たに整備されます。

それが、現在の南洲墓地です。

雪篷は西郷の墓をはじめ、多くの墓銘を揮毫しました。

 

存在感ある書風だね~!

 

 

 

 

営業時間自由
場所鹿児島市上竜尾町2-1
料金無料
駐車場無料
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で10分
まち巡りバス
南洲公園入口から徒歩5分
カゴシマシティビュー
西郷南洲顕彰館前から下車すぐ

 

 

 

 

川口雪篷の墓

川口雪篷の墓

川口雪篷の墓

 

明治22年(1889年)、西郷は大日本帝国憲法発布に伴う大赦で赦され、正三位を追贈されます。

名誉回復を見届けた翌年の明治23年(1890年)、雪篷は武屋敷で亡くなり、坂元墓地に葬られました。

 

西郷一家を支えた人生だったんだね。

 

 

関連記事

 

 

営業時間自由
場所鹿児島市坂元町19
料金無料
駐車場駐車スペースあり
アクセス鹿児島中央駅から車で15分
坂元郵便局前バス停から徒歩5分

 

 

 

 

川口雪篷ゆかりの地の地図

→ Googleマップの大きな地図で見る

 

 

川口雪篷ゆかりの地の総評

 

歴史に埋もれがちな人物ですが、西郷の人生を語るうえで欠かせない人物です。

 

西郷さんの書風は有名だけど、雪篷が大きな影響を与えたんだね。

勉強になりました!

 

 

 

 

参考文献はこちら

 

 

 

 

 

 

-偉人ゆかりの地
-川口雪篷, 西郷糸, 西郷隆盛

© 2021 KAGOPIC Powered by AFFINGER5