歴史上の人物・出来事ゆかりの地

西郷小兵衛ゆかりの地|鹿児島市

投稿日:2018年7月24日 更新日:

西郷小兵衛ゆかりの地(鹿児島市)

西郷小兵衛ゆかりの地(鹿児島市)

西郷小兵衛って、どういう人だったの?

 

西郷隆盛の末弟で、性格や風貌が最も似ていると言われた人物です。

20才も年が離れてたので、小兵衛は隆盛から可愛がられて育ちました。

 

 

西郷小兵衛ゆかりの地は、鹿児島市内に8ヶ所にあります。

 

当記事では、特に関わりの深い5ヶ所を紹介します。

 

 

\いっぺこっぺはKAGOPICを応援しています/

▲グルメ・旅行先レビューも不定期更新中!▲

西郷小兵衛ゆかりの地(鹿児島市)

西郷隆盛・従道誕生地

西郷隆盛誕生地

西郷隆盛誕生地

西郷従道誕生地

西郷従道誕生地

弘化4年(1847年)、小兵衛は西郷家の四男・末っ子として、城下の加治屋町で生まれました。

 

何人家族だったの?

 

 

小兵衛を含め、11人の大所帯でした。

 

生活は貧しく、6才の時に両親を亡くし、家計は一層苦しくなりました。

 

 

 

 

営業時間 自由
場所 鹿児島市加治屋町5
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で5分
鹿児島中央駅から徒歩10分
まち巡りバス
維新ふるさと館前から徒歩1分
カゴシマシティビュー
維新ふるさと館前から徒歩3分

 

 

西郷南洲翁宅地跡

西郷南洲翁宅地跡

西郷南洲翁宅地跡

安政2年(1855年)の9才の頃、西郷一家は借金返済のため、加治屋町の家を売却。

上之園町の借家に移り住みました。

 

小兵衛は、まだ幼かったんだね。

 

 

文久元年(1861年)、15才の小兵衛は、御代官書役助として藩に出仕しました。

 

しかし、隆盛の流島や三兄・従道の謹慎により、知行と家財が没収されます。

 

その余波で、小兵衛も勤方差控・遠慮の処分を受け、一家は再び赤貧の暮らしに戻りました。

 

 

 

 

営業時間 自由
場所 鹿児島市上之園町10-13
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で3分
鹿児島中央駅から徒歩5分
まち巡りバス
維新ふるさと館前から徒歩5分
カゴシマシティビュー
維新ふるさと館前から徒歩3分

 

 

西郷武屋敷跡

西郷武屋敷跡

西郷武屋敷跡

明治維新後、西郷一家は武村に引っ越します。

小兵衛は、しばらく住んだのち、京や東京で学問を学びました。

 

 

小兵衛も、この井戸を使ったんだね。

 

 

明治6年(1873年)、小兵衛は政変に敗れた隆盛と、武村に戻ります。

 

その後、松子と結婚。

 

明治9年(1876年)には、長男・幸吉が誕生しました。

 

 

関連記事

 

 

営業時間 自由
場所 鹿児島市武2丁目28-7
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で3分
鹿児島中央駅から徒歩5分
まち巡りバス
鹿児島中央駅から徒歩10分
カゴシマシティビュー
鹿児島中央駅から徒歩10分

 

 

南洲墓地

西郷小兵衛の墓

西郷小兵衛の墓

しかし、明治10年(1877年)に西南戦争が勃発。

小兵衛は、一番大隊一番小隊長として参戦しました。

 

 

それで、小兵衛はどうなったの?

 

 

熊本の高瀬(現在の玉名市)での戦闘中、胸を撃たれて戦死しました。

 

遺体は、北岡神社の香福寺に仮埋葬され、後年、南洲墓地に改葬されました。

 

 

 

 

営業時間 自由
場所 鹿児島市上竜尾町2-1
料金 無料
駐車場 無料
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で10分
まち巡りバス
南洲公園入口から徒歩5分
カゴシマシティビュー
西郷南洲顕彰館前から下車すぐ

 

 

南洲神社

南洲神社

南洲神社

西南之役薩軍戦没者名碑

西南之役薩軍戦没者名碑

小兵衛の墓がある南洲墓地の隣には、南洲神社があります。

 

南洲神社?

 

 

南洲神社は、戦死した西郷軍の戦没者を祀る神社です。

 

境内には戦没者名碑があり、小兵衛の名も刻まれています。

 

 

関連記事

 

 

営業時間 自由
場所 鹿児島市上竜尾町2-1
料金 無料
駐車場 無料
アクセス 鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で10分
まち巡りバス
南洲公園入口から徒歩5分
カゴシマシティビュー
西郷南洲顕彰館前から下車すぐ
HP 南洲神社

 

 

西郷小兵衛ゆかりの地(鹿児島市)の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

 

西郷小兵衛ゆかりの地(鹿児島市)の総評

生まれた時から亡くなる間際まで、兄・隆盛と一緒でした。

 

墓地も祀られている神社も同じだから、相当仲が良かったんだろうね(笑)

 

 

 

 

 

 

人気記事 鹿児島市観光おすすめスポット

 

-歴史上の人物・出来事ゆかりの地
-, , , ,

Copyright© KAGOPIC , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.