鹿児島市観光ブログ

KAGOPIC!

鹿児島中央駅周辺の観光スポット 鹿児島市の観光スポット

西郷南洲翁宅地跡

投稿日:2018年2月25日 更新日:

読了予測:9分

西郷隆盛は生涯、鹿児島城下で3つの家に住みました。

今回紹介するのは、2つ目の家の宅地跡です。

 

引越しは、いつの時代も大変だよね~。

 

 西郷南洲翁宅地跡は、鹿児島市上之園町の共研公園にあります。

 

この記事では、同地の概要や逸話を紹介します。

 

西郷南洲翁宅地跡の概要

出入口

西郷南洲翁宅地跡の出入口

出入口

こちらが共研公園、つまり、西郷南洲翁宅地跡の出入口です。

 

『共研公園』の文字が大きいから、間違って通り過ぎることはなさそうだね~。

 

共研公園の出入口は、ナポリ通りに面しています。

 

鹿児島中央駅からお越しの場合、タクシーやバスの利用よりも、徒歩の方が早く着きます。

 

石碑

西郷南洲翁宅地跡の石碑

石碑

共研公園の出入口近くに、西郷南洲翁宅地跡の石碑が建っています。

 

ここに、2番目のお家があったんだね~。

 

初代の石碑は、昭和9年(1934年)に建てられました。

 

しかし、第2次世界大戦で失われたため、戦後に復元されました。

 

宅地跡

西郷南洲翁宅地跡にある共研公園

共研公園

かつて、西郷の家が建っていた場所は、広々とした公園になっています。

 

芝生があって、いいね~。

 

共研公園には、ベンチ・トイレなどが設置されています。

 

小休憩にも、ご利用ください。

 

西郷南洲翁宅地跡の逸話

加治屋町から引っ越す

西郷隆盛誕生地

西郷隆盛誕生地

もともと西郷隆盛は、鹿児島の加治屋町で生まれ育ちました。

 

それが、どうして引越しすることになったの?

 

西郷24才の嘉永5年(1852年)、

 

  • 祖父・龍右衛門
  • 父・吉兵衛
  • 母・満佐

 

が相次いで亡くなり、生活が苦しくなります。

 

そのため、安政2年(1855年)に加治屋町の生家を売り、上之園町に引っ越しました。

 

 

西郷入水後の看護

西郷隆盛蘇生の家

西郷隆盛蘇生の家

その後、28代・島津斉彬に見出されるも、安政5年(1858年)7月16日に、斉彬が死去。

安政の大獄の嵐が吹き始めた同年11月16日の未明、幕吏に追われた勤王の僧・月照と共に、真冬の錦江湾へ身投げします。

 

真冬の海っ......!

絶対に冷たいっ......!

 

月照は息絶えましたが、奇跡的に西郷は息を吹き返します。

 

その後、上之園町の自宅で

 

  • 大久保利通
  • 有村俊斎
  • 吉井友実

 

のほか、次男の吉二郎らが看護しました。

 

しかし、自殺をほのめかす言葉を繰り返し呟いたため、家族は刃物をすべて隠しました。

 

 

祖母・常の死

西郷常の墓

西郷常の墓

月照と入水後、西郷は奄美大島に身を隠します。

文久元年(1861年)に帰藩命令を受けますが、国父・島津久光の命令に背くなどし、文久2年(1862年)4月16日より、山川沖の天佑丸に滞留させられました。

 

よく、即切腹にならなかったねえ。

 

滞留中、祖母のが上之園町の自宅で死去します。

 

しかし、罪人であったため、葬儀の出席は認められませんでした。

 

関連記事

 

岩山糸との結婚

徳之島・沖永良部島に流島後、元治元年(1864年)に再び許され、同年7月19日の禁門の変で活躍します。

また、同年の第1次長州征伐の非戦にも成功し、慶応元年(1865年)1月15日に帰藩しました。

 

大活躍だね~。

 

帰藩後、家老座書役・岩山八郎太の娘であるとの縁談話が持ち上がります。

 

仲介役の有川矢九郎が、渋る西郷のもとに糸を連れて行き、ようやく承諾させて、新婚生活が始まりました。

 

関連記事

 

坂本龍馬の宿泊

西郷と糸が結婚した慶応元年(1865年)の5月上旬頃、坂本龍馬が、上之園の自宅に宿泊します。

 

あの坂本龍馬が泊まったんだね~。

 

ある雨の降る夜、寝付けなかった龍馬は、雨漏り屋根の修繕を頼む糸の声を聴きます。

 

西郷は、

「日本中が雨漏りをしていて、修理しているところだから、少し待って欲しい」

と答え、龍馬は感心したと伝わっています。

 

川口雪篷の居候

川口雪篷の墓

川口雪篷の墓

また、同じ慶応元年(1865年)、流刑地の沖永良部島で知り合った、漢詩と書の師である川口雪篷が、上之園の西郷家に居候します。

 

なんで、赤の他人が新婚家庭に居候することに?(笑)

 

川口雪篷と西郷は、先に罪を赦されて帰藩した者が、後の者を養う約束をしていました。

 

西郷は約束を守り、川口は子供達の先生となりました。

 

寅太郎誕生

そして、慶応2年(1866年)7月12日、西郷と糸の間に、寅太郎が生まれました。

 

寅太郎って、変わった名前だね。

 

慶応2年(1866年)は寅年だったため、寅太郎と名付けられました。

 

  • 牛次郎
  • 酉三

 

の弟2人の名前も、干支にちなんだものです。

 

武屋敷へ引っ越す

西郷武屋敷跡

西郷武屋敷跡

明治維新を成し遂げた西郷は、明治2年(1869年)、武の屋敷に引っ越します。

 

まさか、雨漏りするような屋敷じゃないよね?(笑)

 

武の屋敷は、もとは藩中の寄合家・二階堂家の中屋敷でした。

 

高縁の御殿造りで部屋数も多く、広さは約1500坪もありました。

 

関連記事

 

西郷南洲翁宅地跡の基本情報

【時】 自由
【所】 鹿児島市上之園町10-13
【料】 無料
【駐】 なし
【交】 鹿児島中央駅から車で3分
鹿児島中央駅から徒歩5分
まち巡りバス 維新ふるさと館前から徒歩5分
カゴシマシティビュー 維新ふるさと館前から徒歩3分

 

西郷南洲翁宅地跡の地図

Googleマップの大きな地図で見る

 

西郷南洲翁宅地跡の総評

逸話が多い割には、石碑だけのアッサリしたスポットだね。

 

生誕地に比べ、かなり地味です。

 

西郷隆盛誕生地から、徒歩3分で着きます。

 

鹿児島中央駅から観光巡りを始める場合、西郷隆盛誕生地よりも近い、西郷南洲翁宅地跡から訪れると良いでしょう。

 

周辺には

 

 

などの観光スポットがあります。

 

こちらにも、是非どうぞ。

 

SNS

 


 

follow us in feedly

 

参考文献

歴史スポット記事の参考文献は、こちら。

 

関連記事

 

お問い合わせ

記事の内容、事実と少し違いますよ。

 

と、お気付きの方は、上記SNSのダイレクトメッセージ、もしくはお問い合わせページより(こっそり優しく)教えてくださいませ。

 

歴史スポットの場合、参考文献と掲載ページを御提示いただくと、大変助かります。

 

関連記事

-鹿児島中央駅周辺の観光スポット, 鹿児島市の観光スポット
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© KAGOPIC! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.