小松帯刀ゆかりの地

小松帯刀ゆかりの地

小松帯刀ゆかりの地

 

小松帯刀さんって、どのような方だったのですか?

 

当初の名を、肝付尚五郎と言いました。

のちに、薩摩藩家老まで出世します。

また

  • 西郷隆盛
  • 大久保利通

の、上司でもありました。

2人の活躍は、小松がいればこそだったんですよ。

 

 

小松帯刀ゆかりの地は、鹿児島市内に約15ヶ所あります。

 

この記事では、特に関係の深い10ヶ所を紹介します。

 

 

小松帯刀ゆかりの地

小松帯刀屋敷跡

小松帯刀屋敷跡

小松帯刀屋敷跡

 

安政3年(1856年)、薩摩藩門閥家の小松清猷(きよかど)が、急死します。

そこで、同じく門閥家だった尚五郎は、清猷の妹・お近の婿養子となりました。

同時に、小松家の家督を相続。

この結婚を境に、当屋敷に住んだと考えられます。

 

結婚で小松姓となったのですね。

 

 

 

 

営業時間自由
場所鹿児島市山下町7-10
料金無料
駐車場なし
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で5分
まち巡りバス
西郷銅像前から徒歩3分
カゴシマシティビュー
西郷銅像前から徒歩3分

 

 

 

 

松原神社

島津斉彬公遺髪塚

島津斉彬公遺髪塚

 

若き小松は当初、奥小姓・近習番として、江戸の島津斉彬に仕えます。

こうして、斉彬から直接薫陶を受けました。

しかし、安政5年(1858年)に、斉彬が死去。

小松は、遺髪塚のある南林寺に、月2回も通いました。

 

それだけ斉彬さんへの忠義が、厚かったのですね。

 

 

関連記事

 

 

営業時間自由
場所鹿児島市松原町3-35
料金無料
駐車場30分100円
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で5分
まち巡りバス
天文館から徒歩10分
カゴシマシティビュー
天文館から徒歩10分
電話099-222-0343
HP松原神社

 

 

 

 

島津家の墓(福昌寺跡)

島津斉彬の墓

島津斉彬の墓

 

また、島津家墓地の福昌寺にも、小松はお参りしました。

 

こちらの斉彬さんのお墓にも、手を合わせたのでしょうね。

 

 

 

 

営業時間自由
場所鹿児島市池之上町24
料金無料
駐車場駐車スペースあり
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で15分
まち巡りバス
南洲公園入口から徒歩10分
カゴシマシティビュー
今和泉島津家本邸跡前から徒歩10分

 

 

 

 

磯海水浴場

磯海水浴場

磯海水浴場

 

文久元年(1861年)1月、小松は水雷技術会得のため、長崎に留学しました。

同年6月には、藩主・島津忠義臨席のもと、磯海岸で水雷の実験に成功。

褒美として、晒(さらし)を拝領しました。

 

短期間で技術を会得するなんて、小松さんは優秀だったのですね。

 

 

営業時間自由
場所鹿児島市吉野町9684-2
料金無料
駐車場駐車スペースあり
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で20分
まち巡りバス
磯海水浴場前から下車すぐ
カゴシマシティビュー
異人館前から下車すぐ

 

 

 

 

鶴丸城

御楼門

鶴丸城 御楼門

 

文久2年(1862年)12月、小松は家老に命じられます。

さらに

  • 軍事
  • 外交
  • 財政
  • 産業
  • 教育

などを担う、藩の掛も兼務。

こうして小松は、実質的に藩の宰相となりました。

 

大出世ですね。

鶴丸城は、そんな小松さんの職場だったのですね。

 

 

関連記事

 

 

営業時間本丸
午前9時~午後6時
二ノ丸
午前9時~午後9時
休園日本丸・二ノ丸
年中無休
黎明館・県立図書館
各HPを参照
場所鹿児島市城山町7-2
料金無料
駐車場無料(黎明館・県立図書館利用者に限る)
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で10分
まち巡りバス
薩摩義士碑前から下車すぐ
カゴシマシティビュー
薩摩義士碑前から下車すぐ

 

 

 

 

開成所跡

開成所跡

開成所跡

 

文久3年(1863年)、前年の薩英戦争を機に、

  • 小松帯刀
  • 町田久成
  • 大久保利通

が中心となり、開成所を設立します。

開成所は、欧米の知識や技術を学ぶ、エリート養成学校でした。

 

欧米列強に追い付く必要性を、薩英戦争で感じたのでしょうね。

 

 

関連記事

 

 

営業時間自由
場所鹿児島市小川町1
料金無料
駐車場なし
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で10分
まち巡りバス
薩摩義士碑前から徒歩10分
カゴシマシティビュー
薩摩義士碑前から徒歩10分

 

 

 

 

小松帯刀原良別邸跡

小松帯刀原良別邸跡

小松帯刀原良別邸跡

 

小松は、城下中心部から離れた原良(はらら)に、別邸を持っていました。

慶応2年(1866年)年、寺田屋事件で負傷した坂本龍馬は、妻・お龍と来薩。

この別邸に、約50日間も滞在しました。

 

あの龍馬夫妻が滞在されたのですね~。

 

 

 

 

営業時間自由
場所鹿児島市原良4丁目16
料金無料
駐車場なし
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で10分
かけごしバス停から徒歩5分

 

 

 

 

仙巌園

仙巌園

仙巌園

 

慶応2年(1866年)6月、

  • 英国公使・パークス
  • 同国東洋艦隊の司令官・キング提督

が、薩摩藩との交流のため、鹿児島を訪れました。

小松は、仙巌園での宴席に出席。

客人を歓待しました。

 

小松さんは家老だったので、準備に忙しかったでしょうね。

 

 

関連記事

 

 

営業時間午前8時30分~午後5時30分
休園日年中無休
場所鹿児島市吉野町9700-1
料金大人・高校生以上1,000円
尚古集成館と共通
小中学生500円
尚古集成館と共通
駐車場1日300円
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で20分
まち巡りバス
仙巌園前から下車すぐ
カゴシマシティビュー
仙巌園前から下車すぐ
電話099-247-1551
HP仙巌園

 

 

 

 

古里温泉


 

慶応3年(1867年)11月、足痛療養のため、小松は古里温泉を訪問します。

実はこの頃、2本の杖で両脇を抱えないと、起居も歩行も出来ないほど、足の具合が悪化していました。

 

小松さんは、病気を抱えながら頑張っていたのですね。

 

 

場所桜島シーサイドホテル
鹿児島市古里町1078-63
さくらじまホテル
鹿児島市古里町1078-64
アクセス鹿児島空港から車で1時間
鹿児島中央駅から車で50分
文学碑前バス停から徒歩1分

 

 

 

 

小松帯刀像

小松帯刀像

小松帯刀像

 

平成5年(1993年)、小松の偉業を讃え、銅像が建立されました。

顔は、かつての主君・斉彬が祀られている、照国神社の方向を向いています。

 

ゆかりの地を巡るのであれは、銅像はマストのスポットですね。

 

 

関連記事

 

 

営業時間自由
場所鹿児島市山下町5
料金無料
駐車場なし
アクセス鹿児島空港から車で40分
鹿児島中央駅から車で5分
まち巡りバス
西郷銅像前から徒歩1分
カゴシマシティビュー
西郷銅像前から徒歩1分

 

 

 

 

小松帯刀ゆかりの地の地図

 

 

小松帯刀ゆかりの地の総評

 

小松ファンなら、古里温泉に宿泊されるのも、いいですね。

 

海沿いのホテルなので、絶景でしょうね。

 

 

 

 

参考文献はこちら

 

 

 

 

 

 

-偉人ゆかりの地
-お龍, キング, パークス, 坂本龍馬, 大久保利通, 小松帯刀, 小松清猷, 小松近, 島津忠義, 島津斉彬, 町田久成, 西郷隆盛

© 2021 KAGOPIC Powered by AFFINGER5